毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!! 最近は漫画「ノケモノたちの夜」にハマってます! その他の記事も是非、ご覧あれ!\(^_^)/

《評価86点》アニメ「イエスタデイをうたって」全話ネタバレ感想!

引用元:TVアニメ「イエスタデイをうたって:第3話」

覚えていない程、アニメを見てきましたシマヨシです。

今回は「イエスタデイをうたって」の全話について紹介します。

この手のジャンルが苦手な人でも、見てしまえるだけの魅力アリ!

久しぶりに恋愛アニメを見た――という感覚を味わえました!

シマヨシ
「恋愛アニメが好きな人」「ヒューマンドラマが好きな人」「ストーリー重視な作品が好きな人」にはオススメ!

TVアニメ「イエスタデイをうたって」公式サイトはコチラからどうぞ。

  • 放送期間 – 2020年4月~6月
  • ジャンル – 恋愛
  • 原作 – 青年漫画
  • 話数 – 全12話(漫画:1巻~7巻、11巻)

 

シマヨシ
ここから下はネタバレ情報アリ!
 

「イエスタデイをうたって」全話ネタバレ見どころポイント

  • 良かった所!
  • 悪かった所!
  • MVPは何話?

この3つの見どころポイントに注目しました。

面白い点を伝えつつ、全てをネタバレしないように、簡単にですが紹介したいと思います。

良かった所!

引用元:TVアニメ「イエスタデイをうたって:第8話」

ではでは。

良かった所、それは――森ノ目榀子です!

ストーリーの構成なども良かったと思いますが、やはり私の中では森ノ目榀子というキャラがこのアニメの魅力だったと感じました。

シマヨシ
見ている側の感情を揺らす、恐ろしい女でしたw

ちなみに第1話を見た時の記事もありますので、第1話感想「イエスタデイをうたって」興味のある方はどうぞ!

さてさて。

このアニメを大まかに説明すると、三角関係を題材にしたアニメでした。

  • 魚住 陸生 
  • 野中 晴 
  • 森ノ目 榀子

男1人、女2人による恋愛ストーリー。

そんな3人の中で、一際目立っていたのが榀子でした。

もうですね。
取りあえず、腹が立つキャラなんですよ。

完全に悪女キャラで、男遊びをしているような悪女とは違い、単純に天然で男をもてあそぶようなタイプの悪いキャラでした。

ウジウジ過去の事を引きずり、男をその気にさせておいて拒否する天然の犯罪者。

シマヨシ
表情だったり仕草だったりが妙にリアルで、生々しい感じがより現実味を増すんです!

悪口を言っているみたいに聞こえますが違いますよ。

逆にこれだけ視聴者である私に、強く感情を抱かせるキャラでもあるんですよね。

つまり――魅力的で素晴らしいキャラなんです。

恋愛アニメって、どうしても非現実感が凄くて、現実との境がしっかりとしているんですが、このアニメは妙なリアル感で現実との境が薄くなる感覚がありました。

見ていた人は少し共感できるはずですよね?
違ったらすみません。

ちなみに全くやらしい展開はありません。
でも生々しいんです。

だから「この女、最悪だー」って、強く思ってしまったのかもしれません。

――なので、この榀子というキャラは、作品の価値を上げる1番のパワーを持っていたのではないかと、私は強く感じていました。

 

 
 

悪かった所!

引用元:TVアニメ「イエスタデイをうたって:第8話」

ではでは。

悪かった所ですが、ズバリ――野中晴です!

シマヨシ
ちなみに悪かった所と言っていますが、私は晴の方が好きでしたw

上の方で書きましたが、良かった所がキャラの榀子でした。

――だとするなら、そんな魅力的なキャラのライバルに位置するキャラも、同レベルである事が求められると思いませんか?

陸生を取り合う2人(榀子VS)。

先に言っておきますが、「イエスタデイをうたって」は最高に面白かったです。

でも贅沢を言うなら、というキャラをもう少し深くして欲しかった気持ちがあります。

シマヨシ
今のままでも魅力的ではあったんですけどね。どうしても相手が色々とやらかす悪女だったので、完全にマウント取られてましたw

具体的に言うと――。

初めの方が素晴らしかったんですけど、後半に進むに連れて、どんどん弱くなる弱くなる。が弱くなる弱くなるw

が登場すると恋愛アニメを見ている感覚が弱まるんです。
恋愛風の何かを見ているような感覚。

それはきっと、パワーバランス――が負けていたからだと思いました。

シマヨシ
例えるとハーレム作品に出てくる――3、4番目の女って感じでしょうか。

あくまで私の感覚。

でも初めは見ている側の記憶に残るような強さがあったのに、後半は無難なキャラになっていく姿は、私の中でどうしても少し勿体ない気持ちにさせられました。

まぁ、結局――というキャラは好きなんですけどねw

 

 
 

MVPは何話?

引用元:TVアニメ「イエスタデイをうたって:第6話」

ではでは。

ついに発表しましょう。

私が選ぶMVPは――第6話です!

陸生の元カノが登場した回です。

シマヨシ
何故か1番、引き込まれた回でしたw

ギャルっぽい見た目の柚原チカ

高校生の時は優等生だったが、男達との武勇伝がありつつ、最終的には派手なギャルになるというクセのあるキャラでした。

こんな設定のエロ本があった気がしますが……まぁ、気のせいだとして……w

チカ「好きって言われると断れないんだよねぇ」

これが不思議な魅力があるキャラでして。

ちなみに登場するのは、この第6話だけ

シマヨシ
見た目の遊んでそうな要素と真面目な要素も持ち合わせたエロい雰囲気のキャラでした。

事故でしたが、陸生チカを押し倒す場面なんかもあったりして、見ている側(男)をムラムラさせるような展開が続きます。

同時に榀子の嫉妬心を刺激するような展開もあって面白かったです。

第6話という折り返し地点でもあり、また違った方向からの刺激だったり、全体を締め直すような役割を感じた回でした。

そして榀子の新たなライバル出現か?
――と、思わせつつ、最後はアッサリいなく所も素晴らしかったです。

個人的にはもう少し、チカを見ていたかった気がしますけどねw

 

 

「イエスタデイをうたって」全話の評価

純粋な恋愛を軸に展開していくストーリーは素晴らしかったです。

変な笑い、変なエロさ、変な萌え展開、無駄なキャラの押し売りもなく、シンプルな恋愛アニメでした。

自信満々にオススメできる事間違いなしです。

 

86点
 
アニメ「イエスタデイをうたって」見る価値はあるのか?
――と聞かれれば、私は見る価値はあると答えます。

もう見た人は同じ評価になったでしょうか?
まだ見てない人は後悔しないように、一度見てから同じ評価になるか確認してみて下さい。

アニメは見ないで損をする事はありませんが、見ると得をする事があるモノです。
是非、自分が得をするアニメを逃さない為に手を差し伸べて上げて下さい。

以上、ここまでこの記事を読んでくれた方はありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
>【 シマヨシブログ管理者 】

【 シマヨシブログ管理者 】


こんにちは、シマヨシ大佐です。

毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!

そしてこのブログ【シマヨシブログ】は、【アニメ・マンガ・ラノベ】の名作を発掘する目的で立ち上げました!

全ては自分の為に――。

ではでは。
是非、気ままに立ち寄って下さい!

CTR IMG