毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!! 最近は漫画「ノケモノたちの夜」にハマってます! その他の記事も是非、ご覧あれ!\(^_^)/

《評価83点》漫画「姉なるもの」第1巻ネタバレ感想!

覚えていない程、漫画を読んできましたシマヨシです。

今回は「姉なるもの」の第1巻について紹介します。

「好きなキャラは?」と聞かれれば、可愛いキャラより綺麗なお姉さんキャラを上げてしまう私は、この漫画のタイトルを見た瞬間に手を出していました。

そして私は確信しました。
――妹より姉が良い!

内容は――天涯孤独の少年と神とも悪魔とも呼ばれる人間ではない「それ」と共に暮らす2人の姉弟のストーリー。

とても平和な日常ストーリーの中に、時折のぞかせる悲しみの雰囲気。
そして恐ろしい程の姉属性を持つ人間ではないヒロイン。

「こんな姉がいれば……」そんなことを何度も考えてしまう私の気持ち――この第1巻を読み終えた後には感じてると思いますよ。

漫画「姉なるもの 全巻記事一覧」はコチラからどうぞ。

シマヨシ
「日常系漫画が好きな人」「儚い漫画が好きな人」「お姉さん好きな人」にはオススメ!
 
  • ジャンル – 少年漫画
  • 原作/漫画 – 飯田ぽち。
  • レーベル – 電撃コミックスNEXT
  • 出版社 – KADOKAWA
  • 発売日 – 2016年12月17日

 

▼是非、興味のある方はコチラからどうぞ▼

 

シマヨシ
ここから下はネタバレ情報アリ!
 

「姉なるもの」第1巻ネタバレ見どころポイント

  • 主人公の夕
  • 姉との出会い
  • 悲しみを帯びたストーリー

この3つの見どころポイントに注目しました。

面白い点を伝えつつ、全てをネタバレしないように、簡単にですが紹介したいと思います。

主人公の夕

5歳の時に両親を事故で失い、親戚の家を転々とする孤独な少年――がこの漫画の主人公です。
とても気弱で大人しい少年です。

他の作品に例えるなら「夏目友人帳の夏目」でしょうか。
見た目と性格がそっくりです。

シマヨシ
夏目友人帳を知らなかったらごめんね。


物語のスタートは、お世話になっていた母の従弟である、おじさんが倒れてしまう所からです。

親族などが集まりますが、の陰口を叩きます。

親戚「またうちに回ってきたら食費だってただじゃないんですからね」
このセリフからもの置かれている状況が、悲惨であることが示されています。
しかし、陰口が聞こえていてもは慣れているのか冷静です。
冷静でありながら、心の中ではまた1人になったことを自覚する訳です。
ずっと親戚中を転々として暮らしていたせいか、は迷惑をかけまいと自己主張しないクセがついていました。
だからこそ全く笑わないを――親戚たちは可愛げが無いと判断し、受け入れてもらえなかったようです。

シマヨシ
まぁ、まだ子供だからなぁ……。

しかし、これからはおじさんが1人で暮らしていた大きな家で1人暮らしです。
まだおじさんは意識を失っているだけで、亡くなってはいませんからね。
ただ結論から言ってしまえば、ある女性と2人暮らしになります。
女性と言っても人間じゃない女性とですが……。
 
 

姉との出会い

は怪しい地下室を発見してしまいます。
不自然な角度の天井と壁。
乱雑に積み重ねられた書物。
走り書きされた奇妙な文様と数式。
この時点で読んでいる私も嫌な予感がしました。
――ついにヒロインが爆誕です。

 

シマヨシ
かなり禍々しいなぁ……。

角に無数の触手、足は馬みたい……。
ただもの凄い美人なお姉さん――千夜でした。
そんな人間ではない相手には言います。
「天使……ですか?」
の言葉が気に入ったのか、優しく微笑む千夜は言います。
千夜「あなたの大事なものと引き換えに望むままを与えましょう」
正式には悪魔ではないらしいですが、完全に悪魔の取引ですよね。
「あなたの命」って言わないだけマシですけど……。
そしてついには恐れながらも正直な願いを口にしました。
そう、の人生に足りなかった、本当に欲しかったもの――。
「僕の家族に――お姉ちゃんになってください」
 
シマヨシ
いやいや、私のお姉様になって下さい!

私もお願いしそうになりましたが、ここから孤独な少年のと、人ではない「何か」の不思議な暮らしがスタートする訳です。
しかし、色々と気になる点はありましたね。
例えば、おじさんのこと。
そもそも、おじさんの地下室から千夜が召喚されましたからね。
つまりおじさんはそっちの道に詳しい人物だったということ。
そして対価を払えば、何でも叶えてくれる千夜が召喚されたことも、おじさん自体が何かしらの叶えたい目的があったのかもしれません。
あくまで推測ですが、どうでしょうね。
まぁ、今後の展開を楽しみつつ待っていることにします。
 
 

悲しみを帯びたストーリー

私は読んでいて1番グッときた所は――どこか悲しみを帯びている雰囲気です。
千夜が2人で暮らす家は、昔ながらの立派な家です。
ド田舎の街が舞台になります。
禍々しい姿だった千夜も、人間の姿になって――ある意味、全ての男性の理想像とも言える王道のサラサラ黒髪ロング、スタイル抜群の超絶美人に変身。

シマヨシ
現実では不可能なお姉様だ……。

ここからゆっくりとした千夜の日常が繰り広げられます。
例えば、一緒に料理をして食べたりだとか、一緒に散歩をしたり、膝枕してもらって昼寝をしたり……。
そんな普通の人間の暮らしに千夜も嬉しそうでした。
千夜「夕くんに出逢ってから毎日が本当に楽しいの」
言葉にして説明するのがとても難しいですが、田舎の風景やキャラクターの表情などに、時折のぞかせる悲しい雰囲気がたまらなく魅力的なんですよね。

 

シマヨシ
ヤバい、この漫画面白いわ!

第1巻の1番初めのプロローグにこう書かれていました。
人生のうちのある時を「姉」とともに暮らした。彼女の優しい声が、甘い髪の匂いが、柔らかな肌の温もりが、今でもありありと思い出される。彼女との日々は、僕のすべてになった。
つまりこの先の未来では――2人に別れが訪れたということでしょう。
そして気を失って目覚めないおじさんが、目覚めることで大きく発展しそうなんですよね。
まだまだ、先の話でしょうけど……。
幸せの時間は有限。
悲しみを帯びつつも2人の幸せな生活、その別れの瞬間を想像するだけで、第1巻を読み終えた私は既に驚くぐらい悲しいです。
 
 

「姉なるもの」第1巻の感想・評価

中々ない、美しいストーリーでした。

劇的な何かはありません。
あるのはゆっくりとした悲しくも美しいストーリーです。

当然、タイトルにある通り、姉であるヒロインの魅力は素晴らしいですが、私はストーリーの雰囲気にやられました。

第1巻ですが、完成度は満点に近いです。
ただ今後の期待も込めて、この点数を付けさせてもらいました。

 
83点
 
漫画「姉なるもの」読む価値はあるのか?
――と聞かれれば、私は読む価値はあると答えます。

もう読んだ人は同じ評価になったでしょうか?
まだ読んでいない人は後悔しないように一度読んでみて下さい。

漫画は読まないで損をすることはありませんが、読むと得をすることがあるモノです。
是非、自分が得をする漫画を逃さない為に、手を差し伸べて上げて下さい。

以上、ここまでこの記事を読んでくれた方はありがとうございました。

▼「第2巻 姉なるもの」の記事はコチラから▼

関連記事

覚えていない程、漫画を読んできましたシマヨシです。今回は「姉なるもの」の第2巻について紹介します。今回の表紙も千夜ですね。ただし、第1巻と違う所は人間の姿になっている所でしょう。悪魔のような存在なのに、この美貌。この第2巻で[…]

最新情報をチェックしよう!
>【 シマヨシブログ管理者 】

【 シマヨシブログ管理者 】


こんにちは、シマヨシ大佐です。

毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!

そしてこのブログ【シマヨシブログ】は、【アニメ・マンガ・ラノベ】の名作を発掘する目的で立ち上げました!

全ては自分の為に――。

ではでは。
是非、気ままに立ち寄って下さい!

CTR IMG