毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!! 最近は漫画「ノケモノたちの夜」にハマってます! その他の記事も是非、ご覧あれ!\(^_^)/

《評価90点》漫画「姉なるもの」第4巻ネタバレ感想!

覚えていない程、漫画を読んできましたシマヨシです。

今回は「姉なるもの」の第4巻について紹介します。

今回の表紙も千夜ですね。

清楚すぎる姿は、まさに男の理想のお姉様。

これを読んでしまっては、もう妹モノは読めなくなりますよ!
これからは姉モノの時代!

漫画「姉なるもの 全巻記事一覧」はコチラからどうぞ。

シマヨシ
「日常系漫画が好きな人」「儚い漫画が好きな人」「お姉さん好きな人」にはオススメ!
 
  • ジャンル – 少年漫画
  • 原作/漫画 – 飯田ぽち。
  • レーベル – 電撃コミックスNEXT
  • 出版社 – KADOKAWA
  • 発売日 – 2020年1月10日

 

▼是非、興味のある方はコチラからどうぞ▼

 

シマヨシ
ここから下はネタバレ情報アリ!
 

《評価90点》漫画「姉なるもの」第4巻ネタバレ感想!

 

「姉なるもの」第4巻ネタバレ見どころポイント

  • ハル地雷を踏む!
  • 今回はハルが主役!
  • ついに叔父が目覚める!

この3つの見どころポイントに注目しました。

面白い点を伝えつつ、全てをネタバレしないように、簡単にですが紹介したいと思います。

ハル地雷を踏む!

前回の「第3巻 姉なるもの」の記事では、新キャラのハルが登場した事を書きました。

ではでは。

ついに今回はその続きですよ。

初めての人は是非、第3巻まで読んで下さい!

そしてしっかりと第3巻を読破した人は気になっていますよね?

そうです。
第3巻はハルを襲おうとした瞬間に、恐ろしいお姉様が登場した所で終わりました。

シマヨシ
全身から負のオーラをまき散らして千夜登場! もう勝てるはずがない!

私はずっと楽しみにしていました。
何故ならこの漫画、第2巻まで基本的に主人公とヒロイン以外はほとんど登場しません
あくまでその他はオマケ程度。
しかし、第3巻の最後の最後で新キャラのハルが登場した訳です。
待ちに待った新キャラはハルと名乗る謎多きボーイッシュな美少女。
しかも人ではない存在でした。

シマヨシ
ファンタジー作品に出てくる「獣人族」みたいな感じかな? 通常時は人間の姿だけど!

更にですよ。
直ぐにを襲いだした訳ですから、もうお姉様が黙っていません
完全にハルは地雷を踏みました。
千夜「だから……ね? 夕くんの邪魔になりうる害獣はすべて取り除くべきだわ」
もう満面に笑みで言う千夜が怖い怖い……。
 
しかし、が止める事でハルを救います。
結局、弟のの願いは断れない甘々な千夜ですが、恐ろしい顔でハルに言う訳です。
千夜「いついかなる時も夕くんの優しさに生かされていることを想い感謝なさい」
ハル「慈悲に感謝します。偉大な神よ」
どうやらこのハルの台詞からも分かる通り、2人の間には圧倒的な差があるようでした。
 
ここがやっぱり面白い点でもあります。
圧倒的な姉力(姉の魅力)。
圧倒的な強さ(物理的な力)。
全てにおいて究極の存在=姉(千夜)。
タイトルからも分かる通り「姉なるもの」ですからね。
この漫画では姉とは究極の存在な訳です。
もう色々な意味で!
そもそも私は可愛いキャラクターより、美人だったりカッコイイキャラクターが好きなのでうってつけでした。

 

シマヨシ
何となく俺TUEEE系の作品とちょっと通じる部分がある気がする

さてさて。
全ては一件落着。
――のはずでしたが、ここからハルはずっと登場していきます。
普通に考えれば、危険な相手(千夜)がいるのに、に近づく必要はないはず。
ただハルにも隠された秘密があったんですよ。
少し気になりますよね?
もう読んでいた私はページをめくる手が止ませんでした。
 
 
 

今回はハルが主役!

この第4巻はある意味――ハルが主役です!

当然、今までと同じように千夜の日常、そしてイチャイチャ展開もしっかりとありますが、かなりの確率でハルが登場しています。

千夜を飼い主()が大好きで離れないだとするなら、ハルは自由気ままに近寄ってくるって感じでしょうかね。

シマヨシ
この巻で一気にハルというキャラクターが好きになった!

別に戦闘はありません。
図々しくも家に入ってくるハルに、嫌そうにする千夜
は少し嬉しそうに2人の様子を眺める平和な日常。
料理勝負をしたり、水着姿で水鉄砲デスマッチをしたり……。
ハル「そんなんじゃ人間社会でやっていけないぞぉ、千夜お姉ちゃん♡」
千夜「今……なんて? 私をお姉ちゃんと呼んでいいのは夕くんだけよ」
今までは中々なかった千夜が人に対して、ガチギレする場面もあったりと、とても楽しい展開が盛り沢山。
 
これが私に取っては凄い新鮮な感覚でした。
今まではずっと千夜のみのストーリーでした。
それでも千夜というキャラクターの魅力と何処か悲しみを帯びたストーリーは読む者を魅了する素晴らしい完成度。
特に舞台が田舎という部分も高ポイント!
しかし、第4巻にしてようやく新しいハルという風が加わる事で、少しコミカルな感じがプラスされてより魅力的になったように感じました。
ずっと読んでいられる。
そんな感じ!

シマヨシ
不思議とこの漫画は必ず直ぐに読み返してしまうんだよねぇw

しかし、この面白さで止まらないのがハルなんです。
ハルというキャラクターは謎多き存在でした。
日常場面をコミカルに盛り上げてくれるだけではなく、謎多き部分も魅力の1つ。
後半、ついに禁断の出来事がおきてしまいます。
 

 

ついに叔父が目覚める!

ではでは。

ついにこの時がきてしまいました。

ついに叔父が目覚めてしまいます。

シマヨシ
第1巻から登場していても、中々よく分からないこれまた謎多きキャラクター!

そもそもの暮らしている家は叔父の家なんですよね。
叔父は直ぐに、どういう訳か意識を失いずっと入院。
そして叔父のこもっていた怪しい地下室で千夜と出会う訳です。
どうして? どうして? ってなりますよね?
叔父は人ではない存在の事を知っているか、または調べていた。
だからこそ叔父が目覚める事で、ストーリーが大きく変化するはず

シマヨシ
私はワクワクしてずっと叔父が目覚める時を待っていた! しかし、逆にこのまま何もなく平和な日常を見ていたい気持ちもある!

実はハル叔父のお見舞いに行っている場面は、所々にありました。
つまりハル叔父は何かしらの繋がりがある!
確実に何かある!
だからもうこれが気になって気になって仕方ないんですよ!
そして極めつけはこれですよ。
病院でゆっくりと目覚めた叔父の前には、微笑むハルの姿が……。
ハル「おはよう。涼くん」
叔父「お姉さん……?」
……んん? 全く意味が分からない。
 
あぁ、またこの漫画はやりましたよ。
新刊が出るのに、半年以上もかかるのにやってますよ。
読者を苦しめる最高に気になる展開で終了。

 

シマヨシ
大罪だ! つまり続きが知りたければ半年以上待てって事かああああああああああああああ!

……まぁ、気長に待ちましょう。
これもまた面白い漫画に出会えた証拠ですから!
きっと既に読んだ人は共感できるはずですよね?
まだの人は是非、このモヤモヤ感を味わって欲しい!
 

 

「姉なるもの」第4巻の評価

180度とは言わなくても大きく雰囲気が変わりました。

当然、悪い意味ではなく、良い意味で!

日常の悲しい雰囲気はそのままに、コミカルちっくな部分が強化される事で、より魅力的になっていました。

今後とも期待して良いと確信します。

 
 
 
90点
 
漫画「姉なるもの」読む価値はあるのか?
――と聞かれれば、私は読む価値はあると答えます。
もう読んだ人は同じ評価になったでしょうか?
まだ読んでいない人は後悔しないように一度読んでみて下さい。

漫画は読まないで損をする事はありませんが、読むと得をする事があるモノです。
是非、自分が得をする漫画を逃さない為に手を差し伸べて上げて下さい。

以上、ここまでこの記事を読んでくれた方はありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
>【 シマヨシブログ管理者 】

【 シマヨシブログ管理者 】


こんにちは、シマヨシ大佐です。

毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!

そしてこのブログ【シマヨシブログ】は、【アニメ・マンガ・ラノベ】の名作を発掘する目的で立ち上げました!

全ては自分の為に――。

ではでは。
是非、気ままに立ち寄って下さい!

CTR IMG