毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!! 最近は漫画「ノケモノたちの夜」にハマってます! その他の記事も是非、ご覧あれ!\(^_^)/

《評価88点》漫画「BEASTARS(ビースターズ)」第8巻ネタバレ感想!

  • 2019年11月13日
  • 2019年11月28日
  • マンガ

覚えていない程、漫画を読んできましたシマヨシです。

今回は「BEASTARS(ビースターズ)」の第8巻について紹介します。

今回の表紙はレゴシハルですね。

笑顔のハルに引っ張られるレゴシ
2人の関係をそのまま表現しているかのような素晴らしい表紙ですよね。

肉食獣と草食獣という大きな壁の恋愛。
これがこの漫画の1つの見どころです。

2人が一緒にいる場面を見ていると、ほんわかする私の気持ち――この第7巻で読めば分かって頂けると思いますよ。

漫画「BEASTARS(ビースターズ)全巻記事一覧」はコチラからどうぞ。

シマヨシ
「ヒューマンストーリーが好きな人」「癖の強い漫画が好きな人」「ありがちな設定の漫画に飽きた人」にはオススメ!
 
  • ジャンル – 少年漫画
  • 原作/漫画 – 板垣巴留
  • レーベル – 週刊少年チャンピオン
  • 出版社 – 秋田書店
  • 発売日 – 2018年5月15日

 

▼是非、興味のある方はコチラからどうぞ▼

 

シマヨシ
ここから下はネタバレ情報アリ!
 

BEASTARS(ビースターズ)第8巻ネタバレ見どころポイント

  • 特訓スタート
  • ルイの進む道
  • レゴシとハルの関係

この3つの見どころポイントに注目しました。

面白い点を伝えつつ、全てをネタバレしないように、簡単にですが紹介したいと思います。

 

特訓スタート

ついにレゴシの特訓パートがスタートしました。

前回の「第7巻「BEASTARS(ビースターズ)」の記事」では、食殺事件の犯人を捜す為にレゴシが動き出しましたが、犯人に襲われ、強くなる事を決意した所で終わりました。

そしてレゴシが向かったのが、ゴウヒンの所だったんです。

まぁ、そうなりますよね。
現役バリバリの闇市で生きている人ですからね。

ゴウヒンがまた良いキャラなんですよね。
結構、私は好きです。

レゴシ「俺はもう傍観者でいたくないんです」
初めこそレゴシの提案を拒否していたゴウヒンですが、その強い想いに負けてしまいます。

シマヨシ
しかし、本当にレゴシがどんどんカッコよくなっていく!

レゴシ
が学校に通う目的は勉強ではなく、クラスメイトを守る為だと言います。
第1巻の頃のレゴシとは別人ですよね。
戦う事と無縁で生きてきたあの頃、しかし今は大切な人を守る為に自ら戦場に向かっていきます。
最初のレゴシを知っているからこそ、こういう内面の成長を感じられて、読んでいる私からしても最高に面白く感じてしまいます。
 
ちなみに特訓方法が面白い。
監禁された部屋で、生肉の塊を前にひたすら我慢するという内容。
肉食獣が戦闘向きの体を作るには肉が不可欠。
でもレゴシは当然ですが拒否します。

シマヨシ
流石のレゴシも辛そうだな、やっぱり肉食獣には逆らえない本能があるのかも。

それでもレゴシは繰り返し、ついには肉に触れても冷静でいられるようになりました。
ただ結果としてレゴシはアゴ、つまり噛む力を無くしてしまいます。
弱くなっている――と思ってしまいましたが違いました。

ゴウヒンの手伝いで、闇市の危険人物を捉える手伝いをする場面があるのですが、相手のハイエナを一発の張り手で倒してしまいます。

そう、牙の力は四肢に分散されていたのです。

もうここまで強くなっていると、読んでいる私もワクワクです。
今後に期待しかありません。

 

ルイの進む道

レゴシも気になりますが、私は同じぐらいルイの事も気になっていました。

シシ組のボスになったルイ

今回はルイの父である――オグマとの会話のシーンがありました。

シマヨシ
オグマがまたカッコイイんですよね。渋い感じで……。
 
オグマ「フム……少し遅めではないのかね。18歳にしてようやく反抗期とは……」
退学届を受け取ったオグマは冷静でした。
闇市で売られていたルイを買った時の事を語り出します。
温かく優しく。
我慢できずにルイは銃を取り出し、サインするように命令します。
ただルイに取って、オグマはずっと憧れの存在であり、闇社会で生きる自分と関わらない為に、迷惑をかけられないという思いからの行動でした。
オグマ「お前のその愚行に走る癖を私はたまらなく気に入っている」
あれだけ学校では、何者にも消せないオーラをまとっていたルイですが、まだまだオグマの冷静で揺るがない頂点に立つ大人のオーラには叶いませんでした。
結局、オグマの迫力に負けて、ルイは何も出来ませんでした。
結果――退学届ではなく、休学届に変えられてサインしてありました。

 

シマヨシ
オグマ好きだわぁ~。カッコイイわぁ~。

ダブル主人公モノではないですが、もうダブル主人公と言っていいと思います。
それぐらいレゴシルイを中心として世界が回っています。
それだけキャラクターに魅力があるという事ですから素晴らしいですよね。
私的にはもっとオグマが登場する機会を増やして欲しいですね。
立ち位置的には難しいでしょうけど……。
 

レゴシとハルの関係

ずっと戦い戦いと、きていましたからね。
ここではリラックスタイムです。
レゴシハルの関係。
この漫画の1つの魅力ポイントです。

シマヨシ
結構、この空気感が好きなんだよねぇ。

学校で
レゴシハルが会う時だけ、ゆっくりとした雰囲気になります。
ハル「男友達に今夜遊ぼーって誘われちゃった」
気を引こうとしているハルは凄く可愛いです。
初めは悪女の塊だと思っていた私ですが、もう完全に消えてしまっています。
両思いみたいですが、正式には付き合ってはいません。
ずっとうやむや状態で継続中みたい。
ただここでレゴシがぶっ飛んだ言葉を言います。
レゴシ「俺と結婚してください」
ここのハルの反応が面白かったです。
驚いて、恥ずかしがって、考え込んで、最後はキレて終了。

 

シマヨシ
流石、レゴシ!相変わらずのマイペース野郎!

驚愕するハルに、レゴシは付き合う段階は別にどうだっていいみたいな事を冷静に語り出します。
当然、ハルには拒否されてしまいます。
ただ実は今夜遊ぼうと誘われた男友達に――。
ハル「もう遊びは終わり!!たった1匹、もう私は心に決めた相手ができたの。あんたの100倍怖くて変な男」
しっかり誘いを断っていたハルはヒロインしてました。
巻が進むに連れてどんどん、ハルのヒロイン力が増している気がします。
いや、勘違いではないでしょう。
 

BEASTARS(ビースターズ)第8巻の感想・評価

もう安定して見てられる完成度です。

初めの方を読んで、読まなくなった人は是非読んで欲しいですね。
今回の第8巻ぐらいまで読めば、沢山の人がハマること間違いなしでしょう。

そして今回の第8巻は、食殺事件の中盤辺りです。
だからストーリーは緩やか~に進んでいきます。

しかし、しっかりと無駄な場面はなく描かれているので、つまらないと感じる事は一切ありませんでした。

寧ろ、今後の展開が気になるように進められているので、次の巻が楽しみになるばかりでした。

 

88点
 
漫画「BEASTARS(ビースターズ)」読む価値はあるのか?
――と聞かれれば、私は読む価値はあると答えます。

もう読んだ人は同じ評価になったでしょうか?
まだ読んでいない人は後悔しないように一度読んでみて下さい。

漫画は読まないで損をすることはありませんが、読むと得をすることがあるモノです。
是非、自分が得をする漫画を逃さない為に手を差し伸べて上げて下さい。

以上、ここまでこの記事を読んでくれた方はありがとうございました。

▼「第9巻 BEASTARS(ビースターズ)」の記事はコチラから▼

関連記事

覚えていない程、漫画を読んできましたシマヨシです。今回は「BEASTARS(ビースターズ)」の第9巻について紹介します。今回の表紙はピナですね。イケメンキャラで女たらしでもあるピナですが、今回はそのヌケているようで鋭い性格から[…]

最新情報をチェックしよう!
>【 シマヨシブログ管理者 】

【 シマヨシブログ管理者 】


こんにちは、シマヨシ大佐です。

毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!

そしてこのブログ【シマヨシブログ】は、【アニメ・マンガ・ラノベ】の名作を発掘する目的で立ち上げました!

全ては自分の為に――。

ではでは。
是非、気ままに立ち寄って下さい!

CTR IMG