毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!! 今期アニメ「邪神ちゃんドロップキック」見て笑ってます! その他の記事も是非、ご覧あれ!\(^_^)/

《評価80点》漫画「BEASTARS(ビースターズ)」第17巻ネタバレ感想!

覚えていない程、漫画を読んできましたシマヨシです。

今回は「BEASTARS(ビースターズ)」の第17巻について紹介します。

今回の表紙は白いレゴシですね。

ある出来事から灰色だったレゴシの毛が、一瞬で真っ白になってしまいます。

読んでいる私もゾッとする瞬間。

ま、まさか……。

突然の出来事で思考が停止した私の気持ち――この第17巻を読めば分かるはずですよ。

漫画「BEASTARS(ビースターズ)全巻記事一覧」はコチラからどうぞ。

シマヨシ
「ヒューマンストーリーが好きな人」「癖の強い漫画が好きな人」「ありがちな設定の漫画に飽きた人」にはオススメ!
 
  • ジャンル – 少年漫画
  • 原作/漫画 – 板垣巴留
  • レーベル – 週刊少年チャンピオン
  • 出版社 – 秋田書店
  • 発売日 – 2020年1月15日

 

▼是非、興味のある方はコチラからどうぞ▼

 

シマヨシ
ここから下はネタバレ情報アリ!
 

《評価80点》漫画「BEASTARS(ビースターズ)」第17巻ネタバレ感想!

「BEASTARS(ビースターズ)」第17巻ネタバレ見どころポイント

  • レゴシとルイとシシ組
  • メロンとハルが遭遇
  • レゴシの毛が白くなる

この3つの見どころポイントに注目しました。

面白い点を伝えつつ、全てをネタバレしないように、簡単にですが紹介したいと思います。

レゴシとルイとシシ組

前回の「第16巻 BEASTARS(ビースターズ)」の記事では、レゴシとシシ組が賭けをして協力関係になった事を書きました。

今回の第17巻では、ついにルイもその枠組みに加わります。
先に言ってしまうと、全くバトル展開やシリアスな展開は一切ありません。
寧ろ、楽しくハッピーに話は進んで行きます。
しかし、読んでいてワクワクしてくるんですよね。
既にこの第17巻を読んだ人は、きっと私と同じ気持ちのはずですよね?
そして読んでいない人は想像して下さい。
レゴシルイのコンビ。
そしてルイの事を心から信頼しているシシ組連中。

シマヨシ
このメンバーなら何だって出来るって思えてしまう魅力がある!

一度はシシ組を抜けたルイですが、メロンに遊び道具のように扱われているシシ組連中を見捨てる事なんて出来るはずがありません。
ルイ「オスの肉食獣に囲まれている方が断然落ち着く……」
シシ組という場所はルイに取って、本来の自分でいられる場所なんです。
ただ本来なら凄い組み合わせで、凄い事を実行しようとしてるんですよ。
  • 悪の組織シシ組と協力関係
  • 少し前まで命のやり取りをしていたレゴシとシシ組、そして元ボスのルイ
  • シシ組のボスであるメロンを裏切る為の情報収集
――なのに、楽しそうな雰囲気で進んでいくんです。
まるで友達同士で、遊びに行くように――。
レゴシルイは友達であり、もしかすると相棒という言葉の方が合っているかもしれません。
そしてそんな2人の姿を見ているシシ組も、次第にレゴシの事を認めていく訳です。
別に重要な会話や行動はありません。

シマヨシ
ただそれがいい!

それでも最終的にはメロンの秘密を知る事になります。
意外なメロンの表の顔を――。
これは私も想像もしていませんでした。
 

メロンとハルが遭遇

さてさてメロンの表の顔とは、どんな事なのか気になりますよね?
この漫画を読んでいて、度々思わされる事なんですけど「ふとした瞬間に想像もしてない箇所から攻撃が飛んでくる」って思わされるんですよね。
今回も油断したタイミングで、メロンがやってくれました。
メロンの表の顔、それは――大学の先生!

シマヨシ
メロンが真面に先生してるっ!?

しかも驚きは続きます。
なんとその大学にはハルが通っているんですよ。
凄い方向から話が繋がろうとしています。
読んでいて私も驚きました。
まさか、メロンハルを接触させるとは……。
そしてここからメロンハルを特別視していく訳です。

シマヨシ
これはまずい流れな気が……

肉食獣と草食獣のハーフであるメロンには、肉を食べたい欲望の代わりに、殺りく衝動が備わっていました。
そんなメロンが思うんですよ。
メロン「殺したくはない……食べてみたい草食獣」
ハルの大ピンチ!
ただ今回は襲われそうになりつつも、ハル的には変な怪しい先生という認識で終わっていました。
かなり危険な相手だとは思われている感じでしたけどね。
それでも次はかなり危険な展開になる予感がします。
とても今後が気になる展開でした。
 

レゴシの毛が白くなった理由

今回の表紙のレゴシは毛が真っ白で描かれていました。

その真っ白になった理由、その瞬間を読んでいた私も頭の中が真っ白になっていました。

シマヨシ
流れ的にありえないはずなのに、いきなり過ぎて一瞬そうなのかもって思わされた、だから悔しい!

簡単に説明しますと――。
一人暮らしをしているレゴシの部屋に、ハルが泊まりにきます。
相変わらずのウブな展開が続き、何事もなく健全に1つのベッドで一緒に仲良く眠るんですよ。
ここまでは、ほんわかする展開ですよね。
しかし、レゴシが目を覚ますと――血だらけの布団が……。

シマヨシ
ま、まさかレゴシがハルちゃんを食べ……

いきなりのシリアス展開に固まる私。
そしてレゴシも同じく固まってました。
レゴシ「俺は昨夜やってしまったのだ」
つまり無意識の内に食べてしまったと考えた訳ですね。
自分がやってしまった事を理解したレゴシは、余りのショックから全身の毛が真っ白になってしまいます。

ただこの辺りで冷静になった私は次のページをめくると――普通にハルがやって来ます。

結果から言うと、ハルがトマトジュースをこぼしただけでした。

シマヨシ
ありがちパターンかよ! 一瞬ビックリしたよ!

本当にこの漫画は絶妙なタイミングで、想像していない事をやってきます。
冷静に考えれば、ここでハルが死ぬ訳がない。
それでも絶妙なタイミング過ぎて――ホントに一瞬、思考が停止しますから。
まぁ、そんな所もある意味、この漫画の魅力の1つでもあるんですけどね。
実際、私も面白く感じている訳ですし。
だから私的には是非、読んで体験して欲しいです。
 

「BEASTARS(ビースターズ)」第17巻の感想・評価

ストーリー的には大きく動き出すような事はありませんでした。
起承転結で例えるなら「承」の辺りでしょうか。
これから更に面白くなる予感を感じさせてくれる素晴らしい出来でした。
アニメもヒットしましたし、まだまだ勢いは落ちていません。
 
80点
 
漫画「BEASTARS(ビースターズ)」読む価値はあるのか?
――と聞かれれば、私は読む価値はあると答えます。
もう読んだ人は同じ評価になったでしょうか?
まだ読んでいない人は後悔しないように一度読んでみて下さい。

漫画は読まないで損をする事はありませんが、読むと得をする事があるモノです。
是非、自分が得をする漫画を逃さない為に手を差し伸べて上げて下さい。

以上、ここまでこの記事を読んでくれた方はありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!