超趣味特化の不定期更新ブログ! 最近は漫画「左手のための二重奏」にハマってます! その他の記事も是非、ご覧あれ!\(^_^)/

《評価78点》漫画「左手のための二重奏」第3巻ネタバレ感想!

 

覚えていないほど、漫画を読んできましたシマヨシ大佐です。

 

今回は「左手のための二重奏」の第3巻について紹介します。

 

新しい風、強烈な新キャラが登場します!

 

御影の兄弟子、そして師であるラノとの過去ストーリーもグッとくる名場面でした!

 

 
シマヨシ大佐
「音楽漫画が好きな人」「ヒューマンドラマ漫画が好きな人」「熱い漫画が好きな人」にはオススメ!
 
  • ジャンル:音楽、ヒューマンドラマ
  • 原作/漫画:松岡健太
  • レーベル:少年マガジンエッジ
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2021年1月15日
 

▼是非、興味のある方はコチラからどうぞ▼

 

 
シマヨシ大佐
ここから下は【一部ネタバレ情報アリ】! 記事を読んだ後でも楽しめるレベルですので、ご安心を!

ネタバレ見どころポイント!

  • ざっくりストーリー説明!
  • 活躍したキャラクターは?
  • No.1の印象に残った場面はこれだ!

 

この3つのポイントにそって――全てをネタバレしないように、簡単にですが紹介したいと思います。

 

 
シマヨシ大佐
第3巻の前に【全巻まとめ記事・前巻の記事】もありますので、気になる方は下からどうぞ!

 

全巻まとめ記事

[caption id="attachment_12976" align="aligncenter" width="800"] 【引用元:公式サイト「講談社コミックプラス:左手のための二重奏」】[/caption] 覚えていないほど、漫[…]

前巻の記事

 覚えていないほど、漫画を読んできましたシマヨシ大佐です。 今回は「左手のための二重奏」の第2巻について紹介します。 ついに2人に取って初コンクール、二重奏が披露されます。 灯と音理の過去ストーリーから、新ライバル登場[…]

 

 

ざっくりストーリー説明!

 

ではでは。

 

まずは第3巻のあらすじ・内容は――。

 

ハッキリと「ピアニスト」になる決意をしたシュウは、学校でのわだかまりにもケリをつけ進路を固める。だが高みを目指すためには足りないものばかり…。そんな時に出会ったのは、シュウと同じく大きな体と手を持った天才ピアニスト。その男はクリフ御影も関わる辛い過去を経験し、音楽をほぼ捨てていた。シュウは彼らの心を動かすことができるか…!?

 
 
シマヨシ大佐
今回から努力編! 特にシュウのピアノに適した師が登場します! ただこのキャラがくせ者で……面白い!
 
具体的な内容は――。
 
  • 激鉄のグレゴ登場
  • ラノの弟子、グレゴ御影の過去ストーリー
  • 御影が音楽から離れた理由
  • グレゴにピアノを習う為にシュウは……

 

という、新キャラの激鉄のグレゴが中心でストーリーは進み、ピアニストとして音楽と向き合えない御影の思いと、シュウのレベルUpに繋がる見逃せない内容になっています。
 
特に見所は――やっぱりラノの弟子、グレゴ御影の過去ストーリー。
 
大音楽家ラノの音楽を引き継いだ弟子2人が、どうして現在ピアニストとして活動していないのか、そして2人が立ち直るきっかけになりそうなシュウの行動からも目が離せない、過去と未来が入り交じった1冊でした。
 
 
シマヨシ大佐
ちなみにグレゴが入り浸るBARのママは、ヤンキー風の巨乳ボーイッシュ美女でしたので必見です! 1番必見ですw
 
 
 

活躍したキャラクターは?

 

ではでは。

 

今回、活躍したキャラクターは――激鉄のグレゴでしょう。

 

まぁ、コイツがヤバい!

 

半分ホームレスみたいな見た目の男で、ピアノの上で寝て、足で大切なピアノを弾く、しかし、シュウと近い大きな手と力強いピアノを弾く男でした。

 
 
シマヨシ大佐
自分の顔より大きな手で、宇宙人みたいな手をしてました! でも手を描く絵はやっぱり上手い!
 
特にこのキャラで印象に残っている場面が――登場してピアノを弾く瞬間。
 
見た目はホームレス。
酒を片手に寝てばかりいるこの男が本当にピアノを弾けるのか? そんな雰囲気が漂い始めた瞬間にグレゴは弾き出す訳です。
 
ついにグレゴがピアノを弾く場面がくる!
 
 
シマヨシ大佐
私は気になってページをめくる手が、期待に満ちあふれていまいた!
 
しかし、その音は至って普通……。
 
どういうこと?
 
ただここで耳が良いシュウが気づき、手を伸ばしてピアノを弾きます。
 
シュウ「音が全然出ねぇ……!?」
「このピアノ強く弾かないと全然音が出ません」
 
メンテナンスもしていない真面なピアノじゃないのに、BARで騒がしい中でも響く演奏をグレゴはしていたという異名通り「激鉄のグレゴ」の力を見せつけた場面でした。
 
 
シマヨシ大佐
やっぱり秘められた実力を披露する場面は、読んでいてワクワクが止められない激アツ場面! 最高です! これこれ!
 
 
 

No.1の印象に残った場面はこれだ!

 

ではでは。

 

今回、No.1の印象に残った場面は――ラノの弟子、グレゴ御影の過去ストーリー

 

20年前のストーリーが描かれます。

 

内容は音大時代のストーリーで、先生をしていた大音楽家クリフトン・ラノ、そして一番弟子だったグレゴ、その中に若かりし御影も入っていくというもの。

 
 
シマヨシ大佐
しかし、驚く点はグレゴが別人過ぎることw もうただのヤンチャしてそうなイケメンでした!
 
ラノグレゴと過ごした日々は御影の宝物。
 
でも直ぐに激変してしまいます。
 
ここが見所!
 
それは突然で、ラノが街中でゴロツキにやられて、右手を故障し「今までのような演奏は厳しい」と医者に宣告されてしまうんです。
 
でもここのラノの台詞がカッコイイ!
 
ラノ「でもよかったよ。僕の音楽は君らに全部叩きこんである。明日……僕のリサイタルがある。二人に僕のその……代わりを務めてほしいんだ」
 
 
 
シマヨシ大佐
まさに大音楽家! 冷静に自分の音楽のことを考え、弟子2人を諭す優しくも一本通った男過ぎる言葉でした!
 
しかし、抑えられず仕返しに動いてしまうグレゴ
 
舞台を1人で任された御影
 
ここで弟子2人の間に亀裂が入ってしまう訳です。
 
御影「アンタが降りるなら凡人の僕だけで引き継ぐ。先生の夢を……」
 
読んでいて、3人それぞれの気持ちが理解できてしまう不幸な結末でした。
 
結果、これが原因で3人はピアノから離れてしまっているというのが、また考え深い過去ストーリーで、今後の展開にも重要になってくるであろうストーリーでした。
 
 
 
シマヨシ大佐
表情も繊細に描かれているので、そこもグッとくる見所の1つです!
 
 

「左手のための二重奏」第2巻の評価!

 

無難と言えば無難でしたが、面白いことは事実!

 

今回は会場でピアノを演奏するような大きな見せ場はありません。
あくまで過程の部分が重視された巻でした。

 

過去の深掘りもササッと進みますし、変にグダグダやっていない所は凄く読みやすかったです。

 

面白い!
まだまだ勢いは衰えていないことが伝わってきて最高でした。

 

78点
 
もう読んだ人は同じ評価になったでしょうか?

まだ読んでいない人は後悔しないように一度読んでみて下さい。

 

漫画は読まないで損をする事はありませんが、読むと得をする事があるモノです。
是非、自分が得をする漫画を逃さない為に手を差し伸べて上げて下さい。

 
 
シマヨシ大佐
以上、終わりです! ここまで読んでくれてありがとうございました!
 

▼是非、興味のある方はコチラからどうぞ▼

 

 
シマヨシ大佐
【全巻まとめ記事・前巻の記事】もありますので、気になる方は下からどうぞ!

 

全巻まとめ記事

[caption id="attachment_12976" align="aligncenter" width="800"] 【引用元:公式サイト「講談社コミックプラス:左手のための二重奏」】[/caption] 覚えていないほど、漫[…]

前巻の記事

 覚えていないほど、漫画を読んできましたシマヨシ大佐です。 今回は「左手のための二重奏」の第2巻について紹介します。 ついに2人に取って初コンクール、二重奏が披露されます。 灯と音理の過去ストーリーから、新ライバル登場[…]

最新情報をチェックしよう!
>【 シマヨシブログ管理者 】

【 シマヨシブログ管理者 】


こんにちは、シマヨシ大佐です。

この【シマヨシブログ】は超趣味特化の不定期更新ブログになります!

目的は単純【アニメ・マンガ・ラノベ】の名作を発掘する目的で立ち上げました!

全ては面白い作品をいち早く把握する為に――。

ではでは。
是非、気ままに立ち寄って下さい!

CTR IMG