毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!! 最近は漫画「左手のための二重奏」にハマってます! その他の記事も是非、ご覧あれ!\(^_^)/

《全てはここに》漫画「KILLING ME / KILLING YOU(キリングミー / キリングユー)」全巻ネタバレ感想一覧!

【 引用元:公式サイト コミックウォーカー:KILLING ME / KILLING YOU 】

 

覚えていないほど、漫画を読んできましたシマヨシ大佐です。

 

こちらの記事は「KILLING ME / KILLING YOU」についてのまとめ記事です。
私が読んだ最新巻まで紹介します。

 

不死の2人が死ぬ方法を探す旅の物語!

 

【 感動 × 美しさ × 笑い 】この3つの要素でできた儚い雰囲気の魅力的な作品でした!

 

シマヨシ大佐
「ファンタジー漫画が好きな人」「旅漫画が好きな人」「儚い漫画が好きな人」にはオススメ!
 
  • ジャンル:ファンタジー、旅
  • 原作/漫画:成田芋虫
  • レーベル:ドラゴンコミックスエイジ
  • 出版社:KADOKAWA

 

【 引用元:YouTuber KILLING ME / KILLING YOU – PV 出演:五十嵐裕美 / うさみ航 】

 

盛り上がり評価グラフ!

 

シマヨシ大佐
まだまだこれから! でもスタートから高得点の素晴らしいグラフです!
 
 

「KILLING ME / KILLING YOU」全巻ネタバレ感想!

 

ではでは。

 

読んでみた感想を軽く書こうと思います。

 

死を求めて旅をする2人の何処か儚くも美しいストーリーが、見所な内容になっています。

 

ダークなテーマなだけに真っ黒な内容になりそうですが、死ぬ方法を探して旅をしている2人が、1番楽しそうに生きているという矛盾、ここが不思議と前向きな作品にしている要因で、凄く読みやすくなっていました。

 

シマヨシ大佐
ただ読みやすいけど浅い訳じゃない。とても深く感じられるのが上手い所!
 
ちなみに2人の姿が――ミーティアが片角の美少女で、ユースアネイジアが魚人みたいな異形の姿。
 

ミーティアはバカな美少女。
ただユースアネイジアはワンピースの敵役で出てきそうな完全に人ではない何か……。

 

もうタコですw

 

流れ星のように世界中に降り注いだ隕石が原因で、色々な生き物がおかしくなってしまった――というのがそもそもの設定です。

 

つまり2人も元は普通の人間。

 

死にたくても死ねない異形の体にされた2人が、偶然同じ境遇の先で出会い、「家族でもない・友人でもない」奇妙な2人の死を求める旅が始まる訳です。

 
シマヨシ大佐
この2人が笑いの要素を沢山入れてくれるので、気付いたら最後のページをめくっている、そのぐらいスルスル読めますよw
 
他の作品でも不死を題材していることはよくあります。
 
そして現実的にも人間の究極の理想の形である不死ですが……。
 
この作品では「不死」が不幸。
 
不死であることの苦しみを毎話伝えてくれるので、「本当に不死は良いことなのか?」と読んでいて凄く考えさせられることもあります。
 
ただ不死の2人がハイテンションでバカをやっているので、何故か深く考えること自体がバカに思えるぐらい面白くて……。
 
結局、何も考えずに楽しめるんです。

 

だから是非、他の作品では味わえない――不死のバカ2人が死ぬ方法を探す「儚くも美しい旅の物語」を感じて欲しい!

 

 

シマヨシ大佐
下に各巻ごとの記事リンクも張ってありますので、興味がある方は是非ご覧あれ!
 

第1巻 発売日2018年10月19日《評価93》

第1巻の記事

 覚えていないほど、漫画を読んできましたシマヨシ大佐です。 今回は「KILLING ME / KILLING YOU」の第1巻について紹介します。 不死の2人が死ぬ方法を探す旅の物語! 【 感動 × 美しさ × 笑い […]

 

第2巻 発売日2019年10月9日《評価87》

第2巻の記事

 覚えていないほど、漫画を読んできましたシマヨシ大佐です。 今回は「KILLING ME / KILLING YOU」の第2巻について紹介します。 不死の旅の途中で出会うキャラクターたち、その悲しみを帯びたストーリーが堪り[…]

最新情報をチェックしよう!
>【 シマヨシブログ管理者 】

【 シマヨシブログ管理者 】


こんにちは、シマヨシ大佐です。

毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!

そしてこのブログ【シマヨシブログ】は、【アニメ・マンガ・ラノベ】の名作を発掘する目的で立ち上げました!

全ては自分の為に――。

ではでは。
是非、気ままに立ち寄って下さい!

CTR IMG