毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!! 最近は漫画「ノケモノたちの夜」にハマってます! その他の記事も是非、ご覧あれ!\(^_^)/

《評価72点》漫画「魔都精兵のスレイブ」第2巻ネタバレ感想!

覚えていない程、漫画を読んできましたシマヨシです。

 

今回は「魔都精兵のスレイブ」の第2巻について紹介します。

 

冒頭から予想外の急展開!
そして続々と新キャラも登場します。

 

エロは当然のこと、隊員同士の交流戦も見逃せません!

 

シマヨシ
「バトル漫画が好きな人」「エロい漫画が好きな人」「ハーレム漫画が好きな人」にはオススメ!
 
  • ジャンル:アクション、ファンタジー
  • 原作 / 漫画:タカヒロ / 竹村洋平
  • レーベル:少年ジャンプ+
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2019年7月4日
 

▼是非、この漫画に興味のある方はコチラからどうぞ▼

 

シマヨシ
ここから下はネタバレ情報アリ!
 

《評価72点》漫画「魔都精兵のスレイブ」第2巻ネタバレ感想!

 

「魔都精兵のスレイブ」第2巻ネタバレ見どころポイント!

  • 優希の姉が登場!
  • 日万凜と特訓!
  • 魔都交流戦スタート!

 

この3つの見どころポイントに注目しました。
面白い点を伝えつつ、全てをネタバレしないように、簡単にですが紹介したいと思います。

 

 

優希の姉が登場!

 

ではでは。

 

第2巻はスタートからアクセル全開でした。

 

第1巻から優希の行方不明の姉、その伏線はありました。
しかし、いきなりその張本人が登場するとは予想外!

 

そうです。
優希の姉が登場したんです。

 

シマヨシ
しかも魔都の中で遭遇……つまり? 普通の人間がいるはずがない場所です!
 

ちなみに遭遇したタイミングは、七番組で醜鬼と戦っていた途中でした。

 

七番組のメンバーはこんな感じ。

  • 和倉 優希♂:(能力)無能力
  • 羽前 京香♀:(能力)生命体の力を引き出して使役
  • 東 日万凜♀:(能力)他人の能力を使う
  • 駿河 朱々♀:(能力)身体の大きさを変化
  • 大川村 寧♀:(能力)千里眼

 

優希の姉の登場はいきなり。
もう空から突っ込んでくる訳ですよ。

 

見る限り普通の人ではない姿でした。
醜鬼と人間が混ざり合ったような不気味な姿。

 

更に驚きはそれだけではありませんでした。

 

京香の故郷を滅ぼされた憎い相手――醜鬼「一本角」。
その一本角の上に乗って、優希の姉が登場した訳です。

 

シマヨシ
あの仇討ちの対象である醜鬼が……!
 

展開がいきなりすぎて、追いついていけない私は取りあえず読み進めると、優希の姉が一瞬で朱々日万凜を一掃。

 

ここからバチバチの京香VS姉の戦いがスタート。

 

強者と強者の戦いは読んでいて、痺れる展開。
姉の狂った感じ、そして京香の鬼気迫る迫力は、その絵から十分に伝わってきました。

 

姉「貴方、私の弟知らない? 特徴は世界で一番イケメンなんだけど」
 
 

目が合う姉弟。

 

しかし、決着はお預け。

 

京香の能力により優希の肉体が醜鬼のような異形していて、お互いに気付きませんが、しかし、戦闘の中で姉の方は違和感を感じたのか、突然に引いていく訳です。

 

これは確実に姉の方は優希だと気付いている雰囲気。
弟の優希は気付いていないようでしたけど……。

 

今回の展開で、人間が魔防隊の敵になる可能性が示された重要な場面でした。

 

 

日万凜と特訓!

 

ではでは。

 

犬猿の仲というよりは、一方的に日万凜優希を嫌っている所がありますが、2人は協力して特訓することになります。

 

シマヨシ
委員長タイプの日万凜は王道のツンデレっ子で、可愛いこと間違いなし!
 

で、どうして協力して特訓することになったか、気になりますよね?
その理由は――。

 

優希が所属する七番組と六番組で「魔都交流戦」をすることになったからです。
交流戦、つまり部活動的に言えば練習試合って所でしょうか?

 

ただ問題がありまして、六番組の副組長に日万凜の姉――東八千穂がいたことでしょう。

 

八千穂「お前は東家の名に、泥を塗るばかりじゃな日万凜」
 
険悪な雰囲気の姉妹。
 
ここから魔都交流戦で、姉の八千穂を見返す為に特訓が始まる訳です。
 
シマヨシ
ただ私には未来が見えていました。特訓=エロ展開だな、っと……w
 

日万凜は他人の能力が使えるので、京香の能力で、優希を奴隷にし特訓を始めます。

 

まぁ、特訓事態は特別なものはなく、醜鬼と戦うだけ。
しかし、京香の能力は奴隷が働いた分のご褒美タイムがあります。

 

さてさて、優希が望む日万凜に対してのご褒美とは……?

 

――ズボンを脱いだ状態で、顔面に座ってもらうこと!

 

バカでマニアックで……ありがとうございます!

もうストーリーより、エロ目的でこの漫画を読んでいる節がありますね。

 

 

魔都交流戦スタート!

 

ではでは。

 

ついに特訓の成果を発揮する――魔都交流戦がスタートします。

 

当然、戦う相手は日万凜VS八千穂の姉妹対決!

 

シマヨシ
さぁ、どっちが勝つのか!
 

さぁさぁ、盛り上がってきた所ですが、結論から言ってしまうと――第2巻では決着がつきません。

 

読んでいく中で、残りのページ数が少ないことには気付いていたので予想通りではありました。

 

八千穂の時間を操る能力に対して、日万凜優希は拮抗したバトルを繰り広げていました。

 

例えば、時間を止められる前に、速攻!
そして受けたダメージを八千穂が時間を巻き戻して回復、これの繰り返し。

 

シマヨシ
また八千穂の上から目線なキャラが良い感じで、戦い以外のセリフなども魅力に感じましたw
 

壮絶なバトルを表現する絵もわかりやすく。

 

キャラの動き、お互いの視点、流れるような展開。
まるでアニメを見ているかのように、読んでいるだけで頭の中に浮かんでくるバトルシーンは最高でした。

 

画力というよりは、シンプルさだと感じました。

 

走りだせば、走り終えた瞬間。
攻撃をすれば、攻撃を与えた瞬間。

 

この始まりと終わりの間、過程がバランスよく、わかりやすく描かれていたので、何の疑問もなく、何をどうしてどう動いているのかすんなり想像できます。

 

ストーリーに隠された謎に対しての「どうして?」は良いことですが。
キャラの動きがよくわからずに対しての「どうして?」は、ただただ邪魔なだけですからね。

 

まだ今回は決着が先送りになってしまいまいたが、次の巻も引き続き、バトルシーンは楽しめそうで安心しました。

 

 

「魔都精兵のスレイブ」第2巻の評価!

真新しさがない分、所々で必ず平均点は抑えてくるような作品だなと、改めて感じました。

 

そしてどんどん女キャラが増え、ハーレム展開に突き進んでいます。

 

個人的にはこれだけでも面白いですが、このままだと「よくある漫画」の一作品になりそうなので、何か一工夫ほしい所でしょうか。

 
 
72点
 
もう読んだ人は同じ評価になったでしょうか?
まだ読んでいない人は後悔しないように一度読んでみて下さい。
 

漫画は読まないで損をする事はありませんが、読むと得をする事があるモノです。
是非、自分が得をする漫画を逃さない為に手を差し伸べて上げて下さい。

 

以上、ここまでこの記事を読んでくれた方はありがとうございました。

▼是非、この漫画に興味のある方はコチラからどうぞ▼
最新情報をチェックしよう!