毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!! 最近は漫画「ノケモノたちの夜」にハマってます! その他の記事も是非、ご覧あれ!\(^_^)/

《評価80点》漫画「娘の友達」第5巻ネタバレ感想!

 

覚えていないほど、漫画を読んできましたシマヨシ大佐です。

 

今回は「娘の友達」の第5巻について紹介します。

 

父と娘の友達との境界線が、どんどん薄れていきます!

 

そして出張先の旅館に突然やって来た娘の友達はずぶ濡れで……もうハラハラドキドキが色々な意味で止まらない巻でした。

 

シマヨシ
「恋愛漫画が好きな人」「サスペンス漫画が好きな人」「漫画好きな社会人」にはオススメ!
 
  • ジャンル:ラブストーリー、サスペンス
  • 原作 / 漫画:萩原あさ美
  • レーベル:コミックDAYS
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2020年9月23日

 

⏪【第4巻「娘の友達」の記事はこちら!】

 

▼是非、興味のある方はコチラ▼

 

シマヨシ大佐
ここから下はネタバレ情報アリ!
 

「娘の友達」第5巻の内容!

  • ざっくりストーリー説明!
  • 活躍したキャラクターは?
  • No.1の印象に残った場面これだ!

 

この3つのポイントにそって――全てをネタバレしないように、簡単にですが紹介したいと思います。

 

 

ざっくりストーリー説明!

 

ではでは。

 

まずは第6巻のあらすじ・内容は――。

 

抑えられない娘の友達への想い。
その気持ちに、嘘をつくのはもうやめた。

 

ただひとりの人間として彼女が必要で、
彼女の哀しみに気づけているのも、
世界中で自分ただひとり。
これが、たんなる性的欲求でも、
歪んだ父性の発露でもないことは、
もう分かっている。

でも、だからこそ…
自分を取り巻く全ての人たちの、
幸せと不幸せの天秤に、
どう責任をとればいいのだろうか。

【引用元:講談社コミックプラス公式サイト「娘の友達(5)」より】
 
シマヨシ大佐
今回もドキドキハラハラな展開! そして気になる古都の父親も少し出てきますよ!
 
娘の美也が家出をして帰って来ても、塞がらない壁が父と娘の間にはありました。
 
晃介は悩みながらも、古都のことを思います。
 
晃介「……彼女の心の窪みも、俺が埋めてあげたい……」
 
しかし、古都母親晃介のことを調べ上げ、晃介が働く会社に「未成年に手を出す犯罪者」だと問い合わせメールを送ります。
 
そんな中、出張先の旅館に突然――古都がやって来ます!
 
まさに禁断の関係!
 
部屋に来た部下にはバレないようにしつつも甘い時間が流れ、そして最後には古都と家族の過去ストーリーもあって色々な意味で濃い内容でした。
 
シマヨシ大佐
改めて少年漫画のラブコメにはない、深くて複雑なラブストーリーにやられました!
 
 

活躍したキャラクターは?

 

ではでは。

 

今回、活躍したキャラクターは――古都しかないでしょう。

 

晃介とバッティングセンターで過ごす場面では、その純粋な可愛さにやられましたし、次の瞬間にはその大胆さにハラハラしっぱなしでした。

 
シマヨシ大佐
毎回、古都からは目が離せません! もう色々な意味で……w
 
特に印象に残っているのが――晃介の出張先に突然、古都がやってくる場面。
 
ずぶ濡れで来るんですけど、もう目がとろんとしてて犯罪性が増してました。
 
古都「私が……これから「良い子」じゃなくなってしまっても、見捨てないでくれますか……?」
 
ここから部下が打ち合わせに来ても、寝室に隠れた古都が抱きついてきたり、キスしてくる訳ですよ。
 
晃介の焦りが手に取るように伝わる絶妙な空気感。
もう読んでいる方もハラハラドキドキ!
 
何より、古都の表情が生々しく描かれていて凄くグッときます。
 
シマヨシ大佐
ヒロインの表情を見ただけで、こんなにエロいと感じさせてくれる魅力や驚きを是非感じてほしいですね!
 
 

No.1の印象に残った場面はこれだ!

 

ではでは。

 

今回、No.1の印象に残った場面は――古都と家族の過去ストーリー!

 

幸せだと思っていた時から、それが既に崩れていると知っていくまで。

 

どうして今の古都が出来上がったのか、その一端が垣間見えた見逃せない内容になってました。

 

シマヨシ大佐
父親と娘との曖昧な距離感が、私はどうしても記憶に残っています!
 
中学生時代の古都からスタート。
 
まだ両親の仲が良いと思っていた時から始まり、次第に両親の仲が悪いことに気付き始めます。
 
もう仮面夫婦。
 
ぱっと見は普通の夫婦、でもチクチクもめていたりするんです。
 
子供側からの視点で見ると、読んでいて心の刺さる部分がありますよね?
やっぱり両親の不仲な場面は……。
 
シマヨシ大佐
大小はありますが、多くの人が子供の時に経験したことがあるからこそ、感情移入してしまうシチュエーションでした!
 
――で、父親のセリフや態度も凄く意味深でして。
 
父親「……こんな狭い世界に閉じ込められたまま一生を過ごすなんて……惨めだ」
 
家族で水族館に行った時に、母親と娘は綺麗だと賞賛する中で、父親だけがこのセリフを呟くように言うんです。
 
これが誰に対しての言葉なのか……。
 
まるで現在の古都の状態を示しているかのようで、凄く考えさせられる一場面でした。
 
 
 

「娘の友達」第5巻の評価!

 

大きな発展はなし。
でもハラハラドキドキはアリ!

 

今回もキャラクターの表情やセリフ、そしてストーリーが進むに連れて、読んでいる私の心が締め付けられてボロボロにさせられました。

 

もう登場する主人公とヒロインが追い詰められ過ぎていて読みたくない、でも怖い物見たさに手が止まらないという不思議な感覚は流石でした。

 

80点
 
もう読んだ人は同じ評価になったでしょうか?
まだ読んでいない人は後悔しないように一度読んでみて下さい。
 

漫画は読まないで損をする事はありませんが、読むと得をする事があるモノです。
是非、自分が得をする漫画を逃さない為に手を差し伸べて上げて下さい。

 

以上、ここまでこの記事を読んでくれた方はありがとうございました。

 

⏪【第4巻「娘の友達」の記事はこちら!】

 

▼是非、興味のある方はコチラ▼

最新情報をチェックしよう!
>【 シマヨシブログ管理者 】

【 シマヨシブログ管理者 】


こんにちは、シマヨシ大佐です。

毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!

そしてこのブログ【シマヨシブログ】は、【アニメ・マンガ・ラノベ】の名作を発掘する目的で立ち上げました!

全ては自分の為に――。

ではでは。
是非、気ままに立ち寄って下さい!

CTR IMG