毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!! 最近は漫画「ノケモノたちの夜」にハマってます! その他の記事も是非、ご覧あれ!\(^_^)/

《評価94点》漫画「ノケモノたちの夜」第4巻ネタバレ感想!

覚えていない程、漫画を読んできましたシマヨシです。

今回は「ノケモノたちの夜」の第4巻について紹介します。

今回の表紙はマルバスウィステリア、オマケでお兄様ですね。

第3巻で大活躍のマルバスウィステリア

今まで戦闘では役立たずなウィステリア
しかし今回は契約者としての価値を見せつけます。

漫画「ノケモノたちの夜 全巻記事一覧」はコチラからどうぞ。

シマヨシ
「ファンタジー作品が好きな人」「儚い作品が好きな人」「人と人じゃないモノが寄り添う作品が好きな人」にはオススメ!
 
  • ジャンル – 少年漫画
  • 原作/漫画 – 星野真
  • レーベル – 週刊少年サンデー
  • 出版社 – 小学館
  • 発売日 – 2020年6月18日

 

▼是非、興味のある方はコチラからどうぞ▼

 

シマヨシ
ここから下はネタバレ情報アリ!
 

《評価94点》漫画「ノケモノたちの夜」第4巻ネタバレ感想!

 

前回「ノケモノたちの夜」第3巻の記事!

関連記事

覚えていない程、漫画を読んできましたシマヨシです。今回は「ノケモノたちの夜」の第3巻について紹介します。今回の表紙はダイアナとナベリウスですね。第3巻の主役と言っていい2人組。大貴族ブラックベル家の秘密、そして闇の中に生きる[…]


シマヨシ
是非、前回の記事が気になった人は見てみて下さいねw
 

「ノケモノたちの夜」第4巻ネタバレ見どころポイント

  • ブラックベル家の真実、ナベリウス逆鱗!
  • マルバス限定解臨!
  • 団長の不死身の秘密とは!

この3つの見どころポイントに注目しました。

面白い点を伝えつつ、全てをネタバレしないように、簡単にですが紹介したいと思います。

ブラックベル家の真実、ナベリウス逆鱗!

ではでは。

ブラックベル家の真実とナベリウス逆鱗について語りましょう。

前回の第3巻からブラックベル家編が始まり、急展開の連続で素晴らしい面白さでした。

今回はその続きである第4巻です。

シマヨシ
絶対的ピンチをどうくぐり抜けていくのか、是非まだ読んでいない人は期待して大丈夫ですよ!
剣十字騎士団の団長と戦う、マルバスナベリウス
しかし、「十三災」の一体――アスタロトが登場する事で2人は劣勢になります。
覚えていますよね?
そうです、あの美女の鳥悪魔です。
ハラハラ読んでいた私が、何となく予想していた事が起きてしまいます。
当たって欲しくはない。
でもストーリーの流れとしては無視できない展開。
ダイアナは狙撃され倒れます。

シマヨシ
だ、ダイアナが撃たれたああああああああああああああああああああああああ!!
分かっていたのに、衝撃を受ける展開。
衝撃を受けている私を余所に、ストーリーは進みダイアナは思い出します。
ナベリウスの出会いを――。
これが、もうシンプルで悲しいストーリーでした。
闇の中で生きるブラックベル家、しかし家族達は凄く優しい人達でした。
兄「これは僕たちの無能さが招いたことだ。ダイアナには関係ない」
貴族社会の裏側を知りすぎているブラックベル家は用済み。
排除される事を知ったブラックベル家は全員で、ダイアナだけを守る選択をするんです。
その選択とは――。
ダイアナの除く、ブラックベル家、その全員の命を対価に――大悪魔ナベリウスとの契約。
何があっても彼女を守る存在の為に!

シマヨシ
ダイアナが家族を殺したのではなく、ダイアナを守る為に死んだんだと分かる泣ける秘密でした!
家族との最後の晩餐では、全てを知って黙って涙を流すダイアナに、優しく話しかける家族の温かさの温度差が半端なく記憶に残る場面でした。
 
ダイアナは過去を思い出しながら、そして死を感じながらナベリウスの腕の中で目を閉じる訳です。
ダイアナ「ありがとう……できれば、私と、私の大好きなお家のこと……忘れないでね……忘れないで……わすれな……」
契約者の死亡。
もう契約した悪魔に戦う理由はなくなったはずでした。
しかし――。
ナベリウス「ダメだ……許せねぇ……。このままじゃ……俺も我慢なんねーわ……」
ここからナベリウスが自身の力を解放、逆鱗に身を任せる訳です。
鳥肌必須な展開。
ナベリウスの怒り、それが見ている読んでいるだけで、体の芯まで伝わってくるような絵で描かれていて鳥肌が立ち上がりました。
 

 

マルバス限定解臨!

ではでは。

ナベリウスの逆鱗により、自身の力を解放して城を越える巨大な犬の化け物になります。

崩国の十三災「厄災解臨」、冥府轟乱――地災ナベリウス

シマヨシ
『NARUTO -ナルト-』の九尾みたいな感じの姿になってました!
理性もなく自我もなく、体内魔力が尽きるまで、ただ無差別に暴れ殺戮する存在。
それが力を解放したナベリウスという存在でした。
当然、団長でも相手になりません。
圧倒的な存在でした。
もうこれから「どうなるどうなる」と楽しみで、ページをめくる手が止まりなせん。
ウィステリア「聞こえるんです!!ダイアナさんの心臓の音!!」
ここでウィステリアだけが止める可能性に気付く訳です。

つまり契約者が生きていれば、ナベリウスを元に戻せるかもしないと――。

だとするならダイアナが目を覚ますまで、ナベリウスを止める存在が必要ですよね?

そうです。
ここで一肌脱ぐのがマルバスですよ。

シマヨシ
結局、優しいマルバス。もうコイツが最高なんですよ!
マルバスも力を解放。
しかし、違うのは契約者であるウィステリアが制御する事でコントロールするという展開。
そうここで、ウィステリアというキャラの価値が跳ね上がります。
マルバス「なんとなく、キミとならできそうな気がしたものだからな!」
ウィステリア「私も……あなたと一緒なら……!」
ここからは人間が入る事のできない壮絶な戦闘開始です。
目・鼻・口といった穴という穴から血を流しながらも、必死でコントロールし続けるウィステリアの心の強さを見せつけらる名場面。
ある意味、ひ弱な目の見えない人間の少女が、全ての運命を握っていると言っていいですからね。

熱々の激アツ展開です。

結果、時間を稼ぎ、ダイアナが目を覚ます事で、ナベリウスが元に戻る事ができました。

ダイアナ「お帰りなさい」
ナベリウス「……ああ、オメーら……世話になったな」

全てを失い、ほんの少しだけ手に入れた泣ける展開。

しかし、ここで忘れてはならない存在が再び立ちはだかります。

シマヨシ
読んでいる私もすっかり忘れていました!
 

 

団長の不死身の秘密とは!

ではでは。

ブラックベル家編が終了したと思っていましたが、最後の最後にやってきました。

剣十字騎士団の団長――ソル・アダムズ

シマヨシ
穏やかな性格のように見えて、何処か狂っている雰囲気をまとっている恐ろしい存在!
鎧を剥がされ、初めて素顔をさらします。
それがなんと、長髪のイケメンでした。
40歳以上の年齢にして、20代そこらの見た目。
団長「老いず死なず。そして戦えば戦う程に強くなる。正に「最強の肉体」を手に入れた――それがこの俺、ソル・アダムズという人間だ」
微笑を浮かべて、凄い禍々しい雰囲気を漂わせているんです。

シマヨシ
確実にヤバいキャラ!これからの強敵はコイツです!
しかし、とんでもない能力ですよね。
不死身の肉体に戦えば戦う程に強くなっていく。

つまり初めは普通の人間だったのに、この数十年の間、戦い続ける事で、マルバスのような大悪魔と同等の強さを手に入れてしまったという訳ですから。

完全にチートキャラです。

シマヨシ
ただ力を解放した「十三災」には、まだ勝てないようですけどね。しかし、いずれは……。
更に驚きの情報もあり。
それは団長に力を与えたのは、とある三ツ目の悪魔だと示されました。
気になる情報ですが、示されたのはここまででした。
 
さてさて。
今回の戦いは戦力差、そして戦いの傷から痛み分けで終わりましたが、これからの敵の姿が明らかになってきました。
剣十字騎士団、謎の三ツ目の悪魔
さてさて、どうなっていくのか。
どんどん面白くなってきています。
今の所、最終ボスとされている三ツ目の悪魔が1番気になりますね。

 

 

「ノケモノたちの夜」第4巻の評価

ブラックベル家編が完結し、これからの旅の目的もハッキリしてきました。

この第4巻はとても重要な巻です。

十三災の秘密に、裏に潜む敵の存在、そしてウィステリアのような契約者の力。

とても重要な要素が詰め込まれた巻でした。

どれも魅力的な要素なだけに、これからに期待しかありません。

 
 
94点
 
漫画「ノケモノたちの夜」読む価値はあるのか?
――と聞かれれば、私は読む価値はあると答えます。
もう読んだ人は同じ評価になったでしょうか?
まだ読んでいない人は後悔しないように一度読んでみて下さい。

漫画は読まないで損をする事はありませんが、読むと得をする事があるモノです。
是非、自分が得をする漫画を逃さない為に手を差し伸べて上げて下さい。

以上、ここまでこの記事を読んでくれた方はありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
>【 シマヨシブログ管理者 】

【 シマヨシブログ管理者 】


こんにちは、シマヨシ大佐です。

毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!

そしてこのブログ【シマヨシブログ】は、【アニメ・マンガ・ラノベ】の名作を発掘する目的で立ち上げました!

全ては自分の為に――。

ではでは。
是非、気ままに立ち寄って下さい!

CTR IMG