超趣味特化の不定期更新ブログ! 最近は漫画「左手のための二重奏」にハマってます! その他の記事も是非、ご覧あれ!\(^_^)/

《評価92点》漫画「シャドーハウス」第6巻ネタバレ感想!

 

覚えていない程、漫画を読んできましたシマヨシ大佐です。

 

今回は「シャドーハウス」の第6巻について紹介します。

 

今回の表紙はエミリコを中心に、ケイトジョンショーン――そして窓ガラスの後ろには……!

 

そうです!
ついに今回は事件の犯人が発覚する見逃せない展開が盛り沢山!

 

シマヨシ大佐
「ゴシック漫画が好きな人」「ミステリー漫画が好きな人」「日常漫画が好きな人」にはオススメ!
 
  • ジャンル:ゴシック、ミステリー
  • 原作 / 漫画:ソウマトウ
  • レーベル:週刊ヤングジャンプ
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2020年10月16日

 

⏪【第5巻「シャドーハウス」の記事はこちら!】

 

▼是非、興味のある方はコチラからどうぞ▼

 

シマヨシ大佐
ここから下はネタバレ情報アリ!
 
 
 

「シャドーハウス」第6巻の内容!

  • ストーリーの説明をザックリと!
  • パトリックの恋の行方!
  • ローブ様の正体の正体!

 

この3つのポイントにそって――全てをネタバレしないように、簡単にですが紹介したいと思います。

 

 

ストーリーの説明をザックリと!

 

ではでは。

 

まずは第6巻のストーリーをザックリ説明すると――。

 

“亡霊騒ぎ”の犯人探しに奔走する同期組の四対。
事件の真相を求め、辿り着いた先は、館に蔓延る秘密の一角。
命の価値さえ、館では歪に揺らぐ──。
【引用元:週刊ヤングジャンプ公式サイト「シャドーハウス」第6巻より】
 
こんな内容になっています!
 
シマヨシ大佐
今回も色々な出来事が盛り沢山! 情報量も多くて読み応え抜群でした!
 
前回の第5巻に続き、今回の第6巻も勢いが止まることを知らない勢いMAXで最高に面白い1冊でした。
 
事件の犯人を捜すケイトエミリコ、そして同期の協力もあって、少しずつ事件に真相が明らかになっていきます。
 
相変わらず考えなしのジョン
でも不思議とピースを無理矢理はめ込んでしまう面白さ。
 
別の所では生き人形のエミリコに恋をしてしまうパトリック
 
シマヨシ大佐
エミリコの暖かさに、生き人形にも内面があることを知った――パトリックのシャドーとしての価値観と気持ちとの戦いが切なくさせます!
 
そしてなんといっても、亡霊事件や姉妹を操り珈琲を割った犯人がマリーローズだと明らかになります。
 
小さなヒントを寄せ集めて、犯人にたどり着く面白さは間違いなしです。
 
更にはマリーローズたちの過去――星つきの最高の世代
ここも熱い!
 
最後の最後にはマリーローズの後ろにいた、真の支配者ローブ様の登場
 
――以上、超ザックリとですが、内容はこんな流れで進んでいきます。
 
私は読んでいて見所の多さに困惑してましたw
 
 
 

パトリックの恋の行方!

 

ではでは。

 

ここからは私が特に印象に残っている場面の深掘りをしていきます。

 

そう考えるとやっぱり1番に思いつくのが――パトリックの恋ですよね。

 

ページ数の少なかった場面。
 
でもこの作品を読んでいて、この世界観の中だからこそ、見逃すことが出来ない恋の行方があると私は感じてしまう訳です。
 
シマヨシ大佐
ちなみにこの作品はラブコメ漫画ではないですよw でも気になるんです!
 
まずシャドーに取って生き人形は道具で、決して対等な相手ではありません。
 
自分の身の回りの世話をさせ、最終的には生き人形の体を奪う相手でもあります。
 
この設定があるからこそ、パトリックの想い人が生き人形であることが衝撃!
 
しかもその相手がエミリコときました!
 
シマヨシ大佐
お披露目で助けられたのが原因でしょう!
 
シャドーの模範のようなキャラで、お堅くてずる賢くて、決められたルールに忠実なパトリックだからこそ、その常識を破ってしまう自分の想いがより重く感じらる展開でした。
 
パトリック「……駄目だ……なんて愚かなんだ俺は」
 
全てを裏切る想い。
 
だからこそ絶対に表に出さないことを誓うパトリックがもう……切ない。
 
第6巻の中では薄いオマケのような場面ですが、今後の展開を想像すると、必ず重要な一場面になってくるでしょう。
 
今後のパトリックに期待です。
 
 
 

ローブ様の正体の正体!

 

ではでは。

 

第6巻の1番の見所です。
これまでの事件の犯人が判明します。

 

犯人は――マリーローズたち。

 

更にその話は過去へと繋がり、全く予想してもいなかった方向から真の犯人である新キャラが登場しました。

 

シマヨシ大佐
流石に私もこの展開は読み切れませんでしたw
 
簡単に内容を言ってしまうと、シャドーは顔を得る為に、ひとりの人間の命を消してしまうことを知ったマリーローズローズマリーの反抗でした
 
希な存在――自分の生き人形を大切に想うシャドー。
 
つまり主人公であるケイトエミリコの未来を描いているような2人でした。
 
読みながら「面白いタイミングと組み合わせだな~」と思っていると、更にマリーローズたちの前にもそんな想いを持つシャドーがいたことが発覚する訳です。
 
過去ストーリーに繋がります。
 
シマヨシ大佐
この過去ストーリーで、真の犯人が登場する訳です!
 
内容は子供達の塔で最高の世代と呼ばれていた時代、そのリーダーだったシャドーが原因で、一体化のことマリーローズだけが知ってしまうという結末でした。
 
原因は一体化のことを知ったシャドー(クリストファー)が、自害を選択したこと。
 
ただ需要なのは、まだ生き人形の方は生きているということ!
 
そして真の犯人として、最後の最後にケイトエミリコの前に登場します。
 
名前はアンソニー
 
このキャラの存在が、これからの展開を大きく左右すること間違いなしの、次回への期待が膨らむ最高の終わり方でした。
 
 
 

「シャドーハウス」第6巻の評価!

謎を中心として、色々なキャラと出来事を上手く絡み合わせた巻でした。

 

ぶっちゃけ最初から最後まで、ずっと面白かったです。

 

今回は盛り上がり所でもありましたが、次回へ続く伏線もしっかりと仕掛けられていた所は流石でした。

 

92点
 
もう読んだ人は同じ評価になったでしょうか?
まだ読んでいない人は後悔しないように一度読んでみて下さい。
 

漫画は読まないで損をする事はありませんが、読むと得をする事があるモノです。
是非、自分が得をする漫画を逃さない為に手を差し伸べて上げて下さい。

 

以上、ここまでこの記事を読んでくれた方はありがとうございました。

 

⏪【第5巻「シャドーハウス」の記事はこちら!】

 

▼是非、興味のある方はコチラからどうぞ▼

最新情報をチェックしよう!
>【 シマヨシブログ管理者 】

【 シマヨシブログ管理者 】


こんにちは、シマヨシ大佐です。

この【シマヨシブログ】は超趣味特化の不定期更新ブログになります!

目的は単純【アニメ・マンガ・ラノベ】の名作を発掘する目的で立ち上げました!

全ては面白い作品をいち早く把握する為に――。

ではでは。
是非、気ままに立ち寄って下さい!

CTR IMG