毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!! 今期アニメ「邪神ちゃんドロップキック」見て笑ってます! その他の記事も是非、ご覧あれ!\(^_^)/

《評価72点》漫画「その着せ替え人形は恋をする」第1巻ネタバレ感想!

  • 2019年11月8日
  • 2020年5月27日
  • マンガ

覚えていない程、漫画を読んできましたシマヨシです。

今回は「その着せ替え人形は恋をする」の第1巻について紹介します。

コスプレにこの表紙、興味本位で買ってしまいました。
ただ読むと、これが面白い。

雛人形職人を夢見る男子と、オタクでコスプレ大好きなギャル系美少女によるコスプレ・スクールライフ。

「ギャル系ヒロインも良い!」そんなことを何度も考えてしまう私の気持ち――この第1巻を読み終えた後には感じてると思いますよ。

漫画「その着せ替え人形は恋をする 全巻記事一覧」はコチラからどうぞ。

シマヨシ
「気楽に読める漫画が好きな人」「コスプレ好きな人」「恋愛漫画が好きな人」にはオススメ!
 
  • ジャンル – 青年漫画
  • 原作/漫画 – 福田晋一
  • レーベル – ヤングガンガン
  • 出版社 – スクウェア・エニックス
  • 発売日 – 2018年11月24日

 

▼是非、興味のある方はコチラからどうぞ▼

 

シマヨシ
ここから下はネタバレ情報アリ!
 

「その着せ替え人形は恋をする」第1巻ネタバレ見どころポイント

  • 主人公は雛人形職人
  • ヒロインはギャルでコスプレ?
  • 初めてコスプレ衣装を作る

この3つの見どころポイントに注目しました。

面白い点を伝えつつ、全てをネタバレしないように、簡単にですが紹介したいと思います。

主人公は雛人形職人

まずは簡単に主人公の説明です。
名前は五条新菜、実家の影響で、雛人形の顔を作る「頭師」を目指して修業中の男子高校生。
大人しい性格のぼっちです。

 

シマヨシ
まぁ、見た目は普通な感じなんだけど、どうして友達がいないんだ?ってぐらい普通なんだけどね。
どうしても趣味が合わない。
だから新菜は皆の和を乱さないように気をつかっているようです。
それでも憧れてしまうんです。
自分とは真逆の世界で生きている人を――。
新菜「ありのままの自分を受け入れてもらえる世界は、きっと生きやすいんだろうな……」
ここは誰もが共感してしまう所だと思います。
私もオタク趣味がありますので、初対面の人には中々言い出せません。
せめて相手から同じ趣味だと伝えてくれれば……ってなりますよね。
ただ新菜にも、ついに劇的な変化が訪れます。
きっかけは家のミシンが壊れたことから、学校のミシンをこっそり使っている時です。
新菜とは真逆な人物が、教室に入って来るんですね。
しかもミシンを使う目的で――。
ここからがこの漫画の面白さを加速させてきます。
 
 

ヒロインはギャルでコスプレ?

教室に入って来たのは、ギャルでした。

そうです。
この漫画のヒロインである喜多川海夢です。

ここで新菜の趣味がバレてしまいます。
まぁ、普通に雛人形の顔を持ってますからね。

しかし、海夢は雛人形の顔を見て感激します。

ギャルと言えば、オタクをバカにしているシーンは他の漫画でも描かれているありがちパターンですが、海夢は寧ろ褒めまくります。

シマヨシ
良い子だわぁ、この子。
そして新菜が雛人形の作業から服を作れることを知った海夢は自作した衣装を見せます。
海夢には強烈な趣味が合ったんですね。
海夢「コスしたくて作ったの!」
結論から言えば――アニメ・漫画・ゲームのオタクでした。
しかもそのキャラクターの愛を表現する為に、コスプレにチャレンジ中とのこと……。

雛人形職人を夢見る新菜に取っては、どうしても下手くそなコスプレ衣装に、厳しい言葉を返してしまいます。

シマヨシ
まぁ、布を切っただけみたいな感じだからね。まぁ、そうなるよね。
だから海夢は代わりに作ってくれるようにお願いする訳ですね。
新菜は考えます。
自分と違いオタク趣味を全開に生きる生きる海夢の姿、そして真っ直ぐな言葉に新菜は決意しました。
うんうん、楽しみになってきた――って思いますよね。
ただ……。
海夢はコスプレしたいキャラクターを言います。
海夢「『聖♡ヌルヌル女学園お嬢様は恥辱倶楽部ハレンチミラクルライフ2』の黒江雫たん!」
 
シマヨシ
……なんですってっ!?
 
 

初めてコスプレ衣装を作る

新菜が作る初めてのコスプレ衣装は、エロゲーに決定されました。

シマヨシ
凄いキャラクターだな、このヒロイン!
ここで面白かったのが、真面目な新菜は真剣にエロゲーをプレイするんですよ。
お爺ちゃんはドン引きしてましたね。
衣装を作る上で、海夢の体のサイズを測るドキドキ展開もありました。
水着になる必要があるのか不思議でしたが、ちゃんと作るには必要なのかもしれません。
そして衣装の材料集めは坦々進んでいきます。
布を買ったり、ウイッグを買ったり……。
ただ最後に爆弾発言がありました。
材料は買っていても、まだ衣装作りには手を付けていない状態にもかかわらず――。
海夢「ん――とね……、あ、丁度2週間後にある」

コスプレイベントが2週間後だと判明しました。

続きが気になりますが、第1巻はここで終了なんです。

シマヨシ
まだまだコスプレへ道のりは長い。

真逆な性格の2人が一緒に頑張る姿は面白かったです。
そしてそれがコスプレについてなので余計に面白いんですよね。

 

 

「その着せ替え人形は恋をする」第1巻の感想・評価

期待を上回る面白さでした。

主人公がコスプレ衣装を作り、ヒロインがそれを着るっていう面白すぎるストーリーに、私は完全に取り込まれてしまいました。

やっぱりコスプレに注目しているストーリーが素晴らしいです。

他の作品でも余りないですからね。
――というより私はまだ知りません。

今後の展開次第では化けるかもしれませんね。

 

72点
 
漫画「その着せ替え人形は恋をする」読む価値はあるのか?
――と聞かれれば、私は読む価値はあると答えます。

もう読んだ人は同じ評価になったでしょうか?
まだ読んでいない人は後悔しないように一度読んでみて下さい。

漫画は読まないで損をすることはありませんが、読むと得をすることがあるモノです。
是非、自分が得をする漫画を逃さない為に手を差し伸べて上げて下さい。

以上、ここまでこの記事を読んでくれた方はありがとうございました。

 

 

▼「第2巻 その着せ替え人形は恋をする」の記事はコチラから▼

関連記事

覚えていない程、漫画を読んできましたシマヨシです。今回は「その着せ替え人形は恋をする」の第2巻について紹介します。今回の表紙は性奴隷(雫たん)のコスプレ姿の海夢ですね。もう一度言いますね。性奴隷の雫たんです。この表紙からも分[…]

最新情報をチェックしよう!