毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!! 最近は漫画「ノケモノたちの夜」にハマってます! その他の記事も是非、ご覧あれ!\(^_^)/

《評価88点》漫画「弱虫ペダル」第68巻ネタバレ感想!

覚えていない程、漫画を読んできましたシマヨシです。

 

今回は「弱虫ペダル」の第68巻について紹介します。

 

ついに坂道がMTBレースに参加します!

 

スタートから熱すぎる展開。
例え競技が変わっても熱さは変わりません!

 

シマヨシ
「スポーツ漫画が好きな人」「熱い漫画が好きな人」「個性的な絵の漫画が好きな人」にはオススメ!
 
  • ジャンル:スポーツ
  • 原作 / 漫画:渡辺航
  • レーベル:週刊少年チャンピオン
  • 出版社:秋田書店
  • 発売日:2020年8月6日

 

▼是非、この漫画に興味のある方はコチラからどうぞ▼

 

シマヨシ
ここから下はネタバレ情報アリ!
 

《評価88点》漫画「弱虫ペダル」第68巻ネタバレ感想!

 

「弱虫ペダル」第68巻ネタバレ見どころポイント!

  • 坂道がMTBレースに参加する!
  • 気になる兄妹!
  • 強敵現る!

 

この3つの見どころポイントに注目しました。
面白い点を伝えつつ、全てをネタバレしないように、簡単にですが紹介したいと思います。

 

 

坂道がMTBレースに参加する!

ではでは。

 

前回の第67巻は魂が震える熱すぎるレースでした。

 

シマヨシ
山の皇帝(マウンテンカイザー)VS 追いかける雷鳴(ライトニングチェイサー)のレースは鳥肌なしには読めません!
 

勝敗はの勝利。
そして次は坂道が初心者クラスに出場します。

 

当然、坂道はMTBなんて持っていません。

 

ならどうするか?
レースの覇者であるが、自ら持ってきてくれるんですよ。

 

――熱い展開を更に熱くさせるセリフをが言うんです。

「そのMTBで出たレースは全て1位とってる。そこでひとつたのみがある。そのバイク、このレースでもキミの手で――1番最初にゴールさせてくれないか!!」
 

ヤバいですよね。
つまり王者から直接、王者がNo.1を取り続けてきた相棒を託された訳ですから。

 

シマヨシ
もう熱々の激アツ! 読んでいて、体の中心が震える感じがしました!
 

MTBにまたがった途端、湧き上がる坂道のプレッシャー!
坂道のプレッシャーに、百戦錬磨のレーサだと感じる訳ですよね。

 

更に面白いのが、坂道がロードレースをしていることは知っていても、インターハイ2連覇の王者であることは知らない点でしょう。

 

いつ気付くのか。
気付いた時にどんな反応をするのかが凄く興味があります。

 

そんなことも含めて、ついに坂道の初MTBレースが始まる訳です。

 

 

気になる兄妹!

ではでは。

 

ついにレースが始まった訳ですが……。
実はレースをしている坂道と同じぐらい気になる所がありまして……。

 

それが――雷音鈴音の兄妹です!

 

シマヨシ
きっと読んでいる人なら、この兄妹が気になる気持ちがわかるはずですよね?
 

少し余談になりますが――。

 

全ての漫画、特にスポーツ漫画やバトル漫画などは、実際に戦っているキャラより、周りの観戦しているキャラの反応の方が、その緊迫感や凄さが伝わることってよくありますよね。

 

特に観戦しているキャラが強キャラなら、その強キャラが驚くほどのことが起きているんだとストレートに感じられて、寧ろ私はバトル内容より大好きだったりします。

 

それが今回はこの兄妹なんです。

 

シマヨシ
2人の驚くリアクションは、単純に自分が応援しているキャラが評価されているみたいで気持ちいいんです!
 

まぁ、更にですよ。
これまた妹の鈴音坂道が王者であることは知っていても、兄の雷音坂道をただの「ロードくん」だと思っているだけなんですよね。

 

雷音「ダメだダメだ。オイ、見てられないな。力が逃げまくってる。ダメだ。そのバイクはそんな乗り方じゃ」
 

初めから鈴音坂道に期待して、雷音は興味本位って感じなんですよ。

 

だからこの2人のリアクションには少しズレがあって、と同じく雷音がいつ気付くのか凄く気になるんです。

 

ストーリーが進むに連れて、徐々に坂道のポテンシャルに気付き始める雷音
これがたまらなく面白い瞬間でしょう。

 

だからレースと同じぐらい、この兄妹からも目が離せません。

 

 

強敵現る!

ではでは。

 

坂道が参加したのは初心者クラス。

 

しかし、しっかりと強敵が登場する訳ですね。

 

シマヨシ
これがまた、語尾に「フォウ」を付けるヤバいキャラでしたw
 

新キャラの名前は――壱藤

 

あのキャラを目指しているレーサーなんですよね。

壱藤「オレが心から尊敬する――偉大な優美なそれでいてレジェンダリーな方だ!! 「皇帝」とよばれている!!」
 

つまりに憧れている少年が、坂道の強敵になる訳です。

 

坂道に特別視されてましからね。
これは確実に知れたらヤキモチ状態になるでしょうから、どうなることやら……。

 

色々と坂道のことを知っているキャラと、知らないキャラが混ざり合っているだけで、これだけ面白いとは思いませんでした。

 

シマヨシ
確かに普段の坂道のオーラのなさはヤバいですからねw 普通は気付かないでしょうw
 

レース自体は始まったばかり。

 

それでもロードレースにはない、上下の動きや泥のコースに苦戦してはいても、時折発する坂道のプレッシャーに、壱藤も意識するしかない様子でした。

 

結果は予想しやすいですけど、それまでの過程が凄く気になるのは間違いないでしょう。

 

本当にこの漫画は平熱から高熱ですからね。
絵のクセと競技が自転車だからと食わず嫌いしている人は、本当に勿体ないです。

 

 

「弱虫ペダル」第68巻の評価!

毎度同じく熱い展開で楽しめました。

 

未だに不思議なんですが、毎回大まかには同じパターンの繰り返しのはずなのに、ちょっとした見せ方やキャラの入れ替えをするだけで、最高に面白くなるのは何故なんでしょうね?

 

改めてそこが、他のスポーツ漫画と一味違う部分だと感じました。

 
 
88点
 
漫画「弱虫ペダル」読む価値はあるのか?
――と聞かれれば、私は読む価値はあると答えます。
 
もう読んだ人は同じ評価になったでしょうか?
まだ読んでいない人は後悔しないように一度読んでみて下さい。
 

漫画は読まないで損をする事はありませんが、読むと得をする事があるモノです。
是非、自分が得をする漫画を逃さない為に手を差し伸べて上げて下さい。

 

以上、ここまでこの記事を読んでくれた方はありがとうございました。

 

▼是非、この漫画に興味のある方はコチラからどうぞ▼
最新情報をチェックしよう!
>【 シマヨシブログ管理者 】

【 シマヨシブログ管理者 】


こんにちは、シマヨシ大佐です。

毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!

そしてこのブログ【シマヨシブログ】は、【アニメ・マンガ・ラノベ】の名作を発掘する目的で立ち上げました!

全ては自分の為に――。

ではでは。
是非、気ままに立ち寄って下さい!

CTR IMG