毎週【月曜日・水曜日・金曜日】に記事投稿!! 今期アニメ「邪神ちゃんドロップキック」見て笑ってます! その他の記事も是非、ご覧あれ!\(^_^)/
  • 2020年4月17日

《評価80点》アニメ「継つぐもも」第1話ネタバレ感想

帯の付喪神と人間の男子中学生によるエロエロファンタジー。今回はその第2期です。沢山のサービスシーンにコメディちっくな展開もありますが、しっかりとバトルシーンもありますのでオンオフの差が凄まじい事が魅力の1つです。ただやっぱりエロエロなシーンは素晴らしい。全ての男子は見る事が確定な作品でしょう!

  • 2020年4月6日

《評価82点》アニメ「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います」全話ネタバレ感想

第1話を見た時はゆる~い作品だと思っていましたが大間違い!全く期待していなかったですし、ゲーム世界に入るストーリーなので、またラノベの同じようなアニメが始まったと思っていました。ただその全てが大間違い!全てを裏切る面白さは――春アニメの中でもトップレベルでした。

  • 2020年3月23日
  • 2020年5月20日

《全てはここに》漫画「かくしごと」全巻ネタバレ感想一覧!

独特なショートストーリーで魅了するギャグ漫画です。ちょっと下品な漫画を描いてる――漫画家の父。親バカな父が、娘に仕事の事がバレて学校でイジメられないように必死で隠す姿はニヤつきが止まりません。そして謎が多いのもこの漫画の魅力の1つだったり……。

  • 2020年3月23日
  • 2020年5月18日

《評価75点》漫画「かくしごと」第2巻ネタバレ感想!

今回の表紙も父と娘のツーショット。2人の生活風景を切り取った表紙スタイルみたいですが、今回はバス停で待つ2人。相変わらず、姫ちゃんは激カワです。そして高校生になった姫ちゃんが明かしていく謎についても興味深い内容でした。

  • 2020年3月6日
  • 2020年5月18日

《評価70点》漫画「かくしごと」第1巻ネタバレ感想!

娘に漫画家である事を隠す父のギャグストーリー。バカでしょうもないギャグの連発ですが、時折のぞかせる悲しい雰囲気は読んでいて新感覚な事間違いなし。第1巻を読み終えて、もう一度この第1巻の表紙を見直した時に感じる不思議な悲しい感覚。この気持ち――きっと読み終えた後には共感できるはず!

  • 2020年2月26日
  • 2020年2月26日

《評価90点》漫画「シャドーハウス」第4巻ネタバレ感想!

今回の表紙はケイトを中心にした素晴らしい感じですね。よく見ると下に破かれているのは「偉大なるおじい様」の絵。それを破いてケイトが踏んでいるという事は?つまり……そういう事ですよね。今までの巻は面白くても、まだまだ微妙という感じでした。ただついに一皮むけて「面白い」という事が、この第4巻を読む事で確信に変わりました。

  • 2020年2月24日
  • 2020年2月24日

《評価84点》漫画「その着せ替え人形は恋をする」第4巻ネタバレ感想!

今回の表紙はベロニカのコスプレ姿の海夢ですね。まさに七変化の如く姿が変化してますよね。ただこのコスプレ姿は今回は登場しませんよ。あくまで次のコスプレ衣装です。今回の主役はなんといってもあの姉妹でしょう。予想外の展開。そして更に「そっち系!?」みたいな予想外の展開が続きます。きっとこの第4巻を読めば、私の気持ちが分かるはずですよ。

  • 2020年2月10日
  • 2020年2月23日

《評価90点》漫画「ダークギャザリング」第3巻ネタバレ感想!

今回の表紙は螢多朗ですね。シンプルな表紙ですが、相変わらず描かれているキャラの表情は暗めです。ただ不気味な感じで良い味を出してますよね。自分の霊媒体質と向き合う覚悟と決めた螢多朗、でも変わらず囮役な所がやっぱり面白かったです。そしてついに今後の展開に重要になりそうな新キャラが……。

  • 2020年2月3日
  • 2020年5月8日

《評価90点》アニメ「ランウェイで笑って」第1話ネタバレ感想

ファッションデザイナーを志望する少年と、トップモデルを目指す少女のストーリー。気弱な主人公。気が強いヒロイン。この作品を見ていると「天は二物を与えず」この言葉を強く感じてしまいます。飛び抜けた才能はあっても、他の才能や環境は与えてはもらえない。それでも夢の為に大きな壁を乗り越えようとするキャラクター達の姿は、必ず心を熱くしてくれるはずですよ。

  • 2020年1月24日
  • 2020年5月4日

《評価87点》アニメ「虚構推理」第1話ネタバレ感想

怪異達の知恵を司る神となった少女と、不死身の男性のミステリー。男性はカッコよく。女性は美しく。少女は可愛い。絵柄は万人受けするタイプだと思います。そしてストーリーもバトル中心ではない部分もプラス評価でした。